« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の48件の記事

2005/04/28

新しいホーン

isidasp-set オーディオ仲間の自作SPの達人、ishidaさんの作。とにかくインパクトがある。塗装、調整はこれから。

音の傾向は、ホーンの音(当たり前か)良い音です。!!!又、調整が始まる。

取り付け直後の音は、高域が丸く、今一伸びが無かったが、5時間鳴らしていたら解消された。これだから自作SPは面白い。きつさも無く、ホーン臭さも感じられない。塗装して、セッティングを詰めて行けば、恥ずかしくない音が出せると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/26

又粗探しのようで申し訳ない

webサイトを巡回していてよくある事だが(オーディオ系のサイト)オーディオメーカーや、機器類を、否定的に書いてある事を良く見かける。このアンプはダメだとか、あの何々はダメだとか言い切っている。何処がどうしたらダメだったとか、このように使うと良くないとか、具体的なことを言ってない。ほとんど思い込みの感想だろう。オーディオの世界は、自己満足の世界だが、思い込みと、自己満足は違うように思う。オーディオのプロの人や、オーディオを良く知っている人だったら、絶対そのような事は言わないと思う。そのように否定的なことばっかり言っている人の事は絶対に信用しない。これをモットーにしていきたいし、している。そんな事ばっかり言っている人は、何処かの国の人みたいに60年遅れているように感じられる。やだねー.......................

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/25

マニア宅訪問

新しく知り合ったオーディオマニア宅へ行ってきた。機器類は、38センチウーハー、2インチドライバープラスホーン、ツイーター。真空管アンプとチャンデバによるマルチ。昨夜は、8センチユニットを新調したとかで、38センチウーハーと、8センチユニットの2ウエイ。とんでもない構成のようだが、音は意外とまとも。部屋の改造中で、細かい調整はまだまだだが今後が楽しみです。

2インチドライバーの音も聴きたかったが、今回は聴けなくて残念ではあった。それにしても自作改造の部屋、音響パネルにはビックリでした。徹底してます。完成後はかなりのレベルで楽しめそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/23

ひどい記事があるなあ

ブログを巡回していて、ひどいブログを見つけた。非難、中傷、ケチョンケチョンにけなしている。何が楽しくてそんな事をするのか、人間性がおかしいのだね。自分も文章を書くという事には自信はないけれど、すくなくとも他のサイトの中傷や非難はしていないつもりだ。その人の文章を読んでいると、対象の相手に対して、揚げ足を取ったり、性格が変だとまで言い切っている。よくまああそこまで言えるもんだ。もう少し自分のことも省みなさい。そういうあなたも十分すぎるほど変人ですよ。

オーディオ系サイトに多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/22

Sankei Web おくやみ 故高田渡さん(フォーク歌手)を送る会(04/22 05:00)

リンク: Sankei Web おくやみ 故高田渡さん(フォーク歌手)を送る会(04/22 05:00).

高田渡を送る会決まったみたいです。(リンク先を参照)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005/04/16

asahi.com: 「自衛隊に入ろう」のフォーク歌手、高田渡さん死去?-?おくやみ

リンク: asahi.com: 「自衛隊に入ろう」のフォーク歌手、高田渡さん死去?-?おくやみ.
高田渡が死去!!!
ウッディーガスリーを目指し、ピートシーガーにあこがれ、日本のホーボーの草分けの存在だった。アル中だったことは有名で、酔ってステージに立つのは当たり前だった。それが逆に受け入れられていた、貴重なフォークシンガー。
社会を風刺した、とぼけた曲、歌は絶品だった。今でも、当時のLPを良く聴いている。

金子光晴、ランボー、.........など詩人に目を向けさせてくれたのが彼だった。又、明治時代の吟遊詩人、ソエダアゼンボウ(確かこのような名前だったと思うが)を当時の若者に広めたのも彼だった。

高田渡のステージで、今も強烈に印象に残っている事がある。

高田渡がステージに出てきた時、客席で、揉め事があつたのか喧嘩が始まっていた。その時、高田渡は、1曲歌って引っ込んでしまった。そのときの曲は、

曲名、ごあいさつ

♪どうもどうもいやどうも。

いつぞやいろいろこの度は又

まあまあ一つ、まあ一つ、

そんな訳でなにぶんよろしく

何のほうはいずれ何してその節ゆっくりいやどうも。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/14

インシュレーター

テクニカのインシュレーターを使っています。

使用場所は、SPの下。

見かけと、出てくる音が大違いで、低域が出やすいです。

気に入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

記憶の記録

リンク: 記憶の記録.

初めまして。
初訪問ですが、楽しく読ませていただきました。
自作って楽しいですよね。ちょくちょく寄らせていただきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/13

サイトのリニューアル中

現在スーパーレアのサイトをリニューアル中

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005/04/10

音楽を聴くということ

オーディオの事は頭から消して、ラジオで聴く、好きな音楽も良いね。スッと曲が入ってくる。yasinoki3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/09

最初に言い出したのは誰だ

アナログUK盤は音が良いなどと言われているが、それは迷信です。

そういう間違った伝説が出来てしまって、迷惑をしているのは、アナログフアンです。

UKでも、USAでも、日本盤でも良いものは良いし、悪い物は何処の国の盤でもある。

困ったものだ。..............残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ご機嫌伺い

今日のrheaは機嫌が悪い!!.............残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

70年代ロック少年: ライトニング・イン・ア・ボトル

リンク: 70年代ロック少年: ライトニング・イン・ア・ボトル.
こんにちはakagiと申します
ライトニングインアボトルですが、この映画は何処でやっているのですか?
映画の題名からいって、そそられる映画ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/06

2005年のTAMAGAWA SPLASH 始動

友人が動き出した。
多摩川の川原でのDJパーティー。
今回は、サウンドシステムに、TAXI HI-FIが来るとの事。
もちろんランキンさんも来るだろう。

興味のある人はぜひどーぞ

http://01.air-nifty.com/tsp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Trouble Travelers: ロバート・ジョンソンが生きていた??

Trouble Travelers: ロバート・ジョンソンが生きていた??
初めまして
60年代、70年代の音楽フアンです。
本当に当時は、すばらしいミュージシャンが居ましたね。今聴いても全然色あせていないです。ジョンレノン、ボブマーリー、など今でもリスペクト出来るミュージシャン達です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Lenne & Lee Kings

ストップザミュージック。 Lenne & Lee kings
このLPを持っていて、売っても良いよという人がいたらぜひ連絡を。
なにしろ30年以上前のレコードなので、アルバムが出ていたかどうかも覚えていない。
シングル盤はオークションで、時々見かけるけれど、欲しいのはアルバムです。
30年以上前のレコードなので、少々汚れていても気にしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キングあおぽんのCD論: オペラ座の夜/クイーン

キングあおぽんのCD論: オペラ座の夜/クイーン

クイーンの事はあまり詳しくありませんが、ボーカルで、ポールロジャースより、ジョージマイケルの方が良い伝伝というのは、偏見だと思いますよ(笑)
他のメンバーが怒る!!
ポールロジャースが加入したと言う事は、クイーンも本気で活動しようという表れのような気がします。
昔、日本のTVドラマで(坂上二郎が出ていた刑事ドラマ)ポールロジャースの歌が使われていたような記憶がありますが、気のせいかな。


| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

2005/04/05

キングあおぽんのCD論: 461オーシャン・ブールヴァード/エリック・クラプトン

キングあおぽんのCD論: 461オーシャン・ブールヴァード/エリック・クラプトン

はじめまして
クラプトンの声、同感ですね。個人的にはクリームの頃の
クラプトンが好きです。
最近、ロバートジョンソンのカバーアルバムを2枚出しましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

OOPS!: カナレスピーカーケーブル

OOPS!: カナレスピーカーケーブル


akagiです
何日か使ってみた感じはどうですか。
エージング後にどう変わるか知りたいですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

貴重なLPをいただいた

知り合いからLPをダンボール箱2ついただいた。
クラシックと、ロック系合わせて150枚位はあるかな。
アナログフアンにとっては、貴重なソフトだが、一般的な音楽フアンにとっては、
ただのゴミ。捨てるつもりでいたから、お礼はいらないよと言われた。
なにはともあれ有難う。複雑な心境ではある

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第3回ギターコンサート

4月17日
one-dropにて、ギターコンサート開催します
時間       PM7時から
エントリーフィー 無料
飲食物      各自持参

なお当日、録音もしますので、携帯、ライター(禁煙では有りません)など
音が出ないようにお願い致します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

残響特性(BlogPet)

たまがakagiでロジックに勉強♪


*このエントリは、BlogPetの「たま」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005/04/02

SPケーブル

前から気になっていました。
カナレのSPケーブル
良い意味で普通の音とのことですが、
使用してみた按配を教えて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

オーディオとは関係ないですが

monkee3

いや本当の話!!!
今朝、9時半ころ、one-dropの前の道を猿が悠然と歩いていた。
隣の家の庭を横切り、道路に出てきたらしい。
人間より堂々と歩いていた。尻が赤かった。

こういう事があると、すごい辺鄙な所に住んでいるのかと誤解されそうだが、れっきとした住宅街です。
惜しくも写真を撮るのは逃してしまった。

人間様が道路の端により、その間を猿が、悠然と堂々と歩いていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

懲りずに又。すみません

以前はルームチューンなどにはまったく興味が無かったけれど、
前に、サーロジックのパネルを試聴?したおり、その効果に驚いた。

耳が良くなったのか、それともマトモなパネルを使った事が無かったからか。
両方でしょうおそらく。
とはいえ、パネルにも、メーカー特有の音質があり、同じメーカーのパネルを使っている家の音は、皆同じ音になっている。悪い音では有りませんが、好みの分かれるところ。
まったく個人的な感想だが、ライブ過ぎて定位が悪くなったり、特有の音が乗るというのが見られる。響きの無い部屋での音よりも面白みはあるが、何事も程々が肝心か。

サーロジックのLVパネルは、ほどほどに使うと本当に良いよ。
買おうと思っていましたが、自分で作ってしまいました。すみません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんな事を言っていると友達が減るだろうな

マルチアンプでのSPのあり方について、いろいろ思う事があった。
プランとして、38センチウーハー、ロー
       30センチウーハー、ミッドロー
       1インチホーン、中、高域
       ツイーター、高域
等と考えていたが、あまりにも普通の組み合わせで面白くない。
普通すぎて、自分の好みには合わない。
やはり今の組み合わせの、
SW、rhea,LE85,ツイーターのマルチアンプ
この方が断然面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

残響特性

lv-panel

サーロジックのLVパネル

これは良いですよ。
ずいぶん勉強になりました。
詳しい事はいずれ又。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

個人的な感想ですが

バックロードホーン
オーディオ系の色々なサイトをのぞいてみると、バックロードホーンに関して誤解が多いみたいだ。バックロードというと、低音がもりもり出てくるSPと勘違いしている。たしかにバックロードのボックスに普通のSPユニット?を取り付ければ低域は出るが、それでは、ゆるい低域と切れ味の悪い中高域で、決して良い音とはいえない。バックロードの音の良さは、切れ味の良く音離れの良いノビノビとした音と、軽い低域。バックロードホーンの良さは中高域にあり、低域はその中高域を生かすためのエンクロージャーの工夫なのです。BHで低域を欲張ると、どうしても中高域の質は落ちる。それでも、長岡さんのBHでは30Hzはらくらくと出せるが、一般的に言って、やや薄口の音と思われている。切れ味を犠牲にすれば、分厚い音も出せるが、それではBHの良さが消えてしまう。
長岡系のマニアには耳タコでしょうが、意外と勘違いしているマニアも多いと感じている。
まったく個人的な理想だが、全てのSPユニットで、100dBオーバーが理想。現状は、SW96dB、rhea94.5dB、LE85108dB、ツイーター108dB。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

LPレコード

レコードが6枚届くオークションで落札したレコード6枚届く。
貴重なレコードだったので、落札できた時はほっとした
それにしても60年代のレコードは高い!!!
初回版だと万単位。
チョッと高いんでないかい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お手入れ

アナログプレーヤーの再調整

なにげなく思い出し、オーバーハングを測ってみたら、かなりずれていた。日常の普通の使いかたでは狂う事は無いだろうから、最初の設定時にいいかげんにやっていたのだろう。この際だからということで、プレーヤーを全部分解、スピンドルのオイルをふき取り、新しいオイルを注入。気持ちが良い!!
アームの水平度の調整と、高さの調整。カートリッジを慎重に取り付けて、オーバーハングの設定。針圧はこれまでより0,1g重く1.7g。スペースデッキHDのアームはメンテナンスがしにくい。これ何とかならん物だろうか。
(音は気に入っているが)とにかくこれで心残りは無い。メンテナンスが終わって気持ち良くなった。

だからどうしたなんて言わないでね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジャズ

なんだかねえ
オーディオでは、ジャズを聴かないとまずいんかい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビンテージユニット

175-3
JBLビンテージユニット

昔のLBLユニットの人気の高さは、やっぱりアルニコ磁石の影響大だろうな。音の力感、切れは、やはり今のJBLユニットとはちょっと違う。
あまりビンテージ物をほめると昔からの、がちがちのJBLフアンに思われてしまうので、控えておくが、とにかく、現在のJBLユニットでは出ない音だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DADーM100pro

DAD M100PROデジタルアンプの概念を覆すアンプ

音質は、太く、やわらかく力もある。
46センチウーハ-も軽々ドライブするというのも頷ける。我が家では、TWに使ってるが、切れの良すぎるドライバーには丁度良い感じ。デジタルとは意識せずに使えるアンプ。又、場所を取らないのでマルチアンプに、場所のない我が家では丁度良い。実売価格¥60000を切る値段では超!!お買い得。
それにしてもゲインが高いのか、ドライバーの能率が高いという事もあり、ボリュームを1ミリ弱動かすだけでグアンと音が変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

録音

monkee-2

前にもこのブログに登場した、アジアンテイストのギタリスト。
あれから話が弾んで、又録音をしようよという事になった。なんと今度は、洞窟の中で録音したいとのこと。
どうなるやら。演奏はバツグンだから何とかなるとは思うけれど、ギターの録音に貸してくれる洞窟など有るのかなあ(無料で)

このお猿さんは、ギタリストのペットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギター演奏会

hikikatari

音楽鑑賞会&ギター弾きかたりお客さんが結婚する事になり、結婚式で流すバックミュージックの選曲を頼まれた。
曲を聴く場合は下記をクリック
http://one-drop-web.hp.infoseek.co.jp/mp3/03.wma

オーディオマニアの集まりではないので、お気楽に、そしてお決まりの宴会。CD,LPジャンルはクラシックからロック、レゲー、選曲していたソフトを試聴してもらった。途中から、メンバーが増え、最後は良く分からない状態になってしまった。
友人のお友達のギタリストも登場してone-drop内でギター演奏会。このギタリスト、かなり良い演奏をしてくれた。聞くところによると、どうやらプロのギタリストらしい、どーりでうまいはずだ。
この演奏を録音したので、その内サイトにアップするつもり。アジアンテイストの癒し系のフラメンコギターオリジナル曲。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オフ会開催

オフ会無事に終了楽しめていただけたようでよかったです。

なにはともあれ無事に終了しました。
新作SP試聴会、詳細はまだ発表できませんが、今までの作品と音の傾向が違うようでした。どちらかというと美音系、さわやかな音でした。
ちなみに私の作品ではありません。

それとは反対にマイシステムのとんでもない音を聴かされさぞかし呆れたことでしょう。
八王子、沼津からわざわざご足労していただき、お疲れ様でした。又、皆さんとっても耳が良いのでビックリでした。

又いつでもお越しください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コンソメスープ

コンソメスープおいしいですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/04/01

F特アップ

F特アップですやっと測定できました

http://www3.tokai.or.jp/one-drop/page/fft%202.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

タイムアライメントその後

freeマルチのrheaとLE85とのタイムアライメントの調整、その2

写真はFREE

PCソフトで、FETアナライザーと、オシロスコープが付いているのがあり、早速導入した。
通常、PCソフトのFETアナライザーは、ピンクノイズの測定では、高域が落ちているはず。これは、PCのサウンドカードの能力による。ほとんどのサウンドカードは、高域がダラ下がりになっていて、正確な測定では不都合が出る。今回導入したアナライザーは、サウンドカードの測定と、マイク、サウンドカードの補正が簡単に出来、フラットに調整できる。これが本当に使い勝手が良い。

そこでといってはなんだが、皆さんすでにご存知かと思うが、タイムアライメントの調整方法をアップしておこう。

アライメント調整の方法
FETソフト付属のサウンドジェネレータから正弦波を出力し、それを2本のモノラルマイクで受けて、オシロスコープで波形が重なるようにLE85の位置を決める。出力する正弦波の周波数がポイントで、クロスオーバーポイントの周波数を出力する。
ドライバーの移動で、面白いように波形が変わり、タイムアライメントの調整も簡単に出来る。
マイク2本による測定なので、SWとrhea、LE85とツイータの調整は、その都度行う必要があるが、簡単なので誰にでも出来る。

FETアナライザーが、かなり正確に測定できるので、クロスオーバーポイントの見極めも問題無いだろう。
付属のサウンドジェネレーターもこれまた優秀で、任意の周波数を出力できる。
このソフトの宣伝みたいになってしまったが、回し者ではありません。

サウンドカードも、全2重タイプ(出力と入力が同時に出来るタイプ)であれば、PCから直接プリアンプに接続できるが、手持ちのPCは、全2重タイプかどうかは不明。
今度確かめて見よう。
今回の測定は、サウンドジェネレーターからWAVEファイルとして出力して、それをPCに取り込み、CDに焼いたものを、CDプレーヤーで再生し、マイクで取り込み測定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タイムアライメントの調整

タイムアライメント、位相の合った音にようやく出来た。
調整方法は、オシロと、耳。
結果は、想像通り。
録音が普通のソフトでも、優秀録音盤に聴こえる。
優秀録音盤は、超優秀録音盤に。
超優秀録音盤は...わからん。

最近、アマチュアのオーディオマニアで、評論家のような人たちが増えてきた。
たぶん、思い込み、自己満足による結果?(もちろん自分も含めて)
そんな訳で、これからは、評論家みたいな書き込みは止めようと思っている。
自己満足、思い込み、あくまでも趣味の範囲に留めておき、批判、中傷、機器の評価、アマチュアなんだからそのようなことは止めましょう。
偉大なる自己満足は否定しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

LE85導入

le-175-851インチドライバー最強?でしょうか.
左がLE175、右が、LE85


サイズがLE175の倍くらいある。
分解掃除をして、セッティングしただけの状態だ。両者、音の違いはやはりある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その後のマルチ

175-3回、LE175のローカットの変更と、ハイカットも取り入れてみた。
色々な、クロスポイントでの音質の傾向のレポート。

これらの方法は、誰にでもお勧めできる方法ではなく、あくまでも個人的な好みの問題と感想である。

その1 LE175、ローカット1KHz
   rhea,ハイカット800Hz。チャンデバ使用。
rheaがよりおとなしくなってしまい、生き生きとした躍動感がやや後退。rheaのハイカットポイントと、LE175のつながりをを、もう少し煮詰めれば行けそう。

その2 rhea、ハイカット無しで出しっぱなし。
   LE175、5KHZでローカット、高域は出しっぱなし(6dB/oct) ネットワーク使用。
高域の切れ味は最高。前回のオフ会の時はこれ。

その3 rhea,カット無し、LE175ローカット1200KHz この時は、ややホーンくささが耳についたがJBLサウンドの片鱗が見えた。LE175にチューニングを施し、その後、ホーンくささは解消。ただ少々高域のきつさが気になったが、サウンドはかなりよかった。音が前に飛び出してくる。

その4 rheaはそのままで、LE175ローカット871Hz,ハイカット12KHZ。ネットワーク(12dB/oct)
これがベストサウンド。高域のきつさが取れ、中低域の厚みが出た。全体的に音の腰が低くなった。rheaの特徴も損なわれず、音場感も良い。

その5 完全なマルチアンプに変更。
A20V,×2、デュアルモノ rheea、T925A(C 0.43μF 6dB/oct)
DADM100×2 LE175 ネットワーク(ローカット871Hz 12dB/oct ハイカット 12KHz 12dB/oct
P2500S SW ハイカット 40Hz 12dB/oct
ローカット、ハイカットは、色々なクロスポイントを試すためネットワークを使用。現在、ネットワークで満足している。
LE175は、DADM100使用によるアッテネーターの取り外しにより、みずみずしさが増した。

このあたりのポイントでいけば、チャンデバでOKかな。


 

おあそびで、名古屋弁で書いて見た。
(名古屋の人ゴメン)

今回、LE175のローカットの変更と、ハイカットも取り入れてみた。
色々な、クロスポイントでの音質の傾向のレポート。

これらの方法は、誰にでもお勧めできる方法ではのう、あくまでも個人的な好みの問題と感想でありゃーす。

その1 LE175、ローカット1KHz
   rhea,ハイカット800Hz。チャンデバ使用。
rheaがよりおとなしくなってしまい、生き生きとした躍動感がやや後退。rheaのハイカットポイントと、LE175のつながりをを、まーちいと煮詰めにゃ行けそう。

その2 rhea、ハイカット無しで出しっぱなし。
   LE175、5KHZでローカット、高域は出しっぱなし(6dB/oct) ネットワーク使用。
高域の切れ味は最高。前回のオフ会の時はこれ。

その3 rhea,カット無し、LE175ローカット1200KHz この時は、ややホーンくささが耳についたがJBLサウンドの片鱗がみえゃーた。LE175にチューニングを施し、その後、ホーンくささは解消。ただ少々高域のきつさが気になったが、サウンドはかなりよかったがゃ。音が前に飛び出してくりゃーす。

その4 rheaはそのままで、LE175ローカット871Hz,ハイカット12KHZ。ネットワーク(12dB/oct)
これがベストサウンド。高域のきつさが取れ、中低域の厚みが出た。全体的に音の腰が低くなったがゃ。rheaの特徴も損なわれず、音場感も良い。

その5 完全なマルチアンプに変更。
A20V,×2、デュアルモノ rheea、T925A(C 0.43μF 6dB/oct)
DADM100×2 LE175 ネットワーク(ローカット871Hz 12dB/oct ハイカット 12KHz 12dB/oct
P2500S SW ハイカット 40Hz 12dB/oct
ローカット、ハイカットは、色々なクロスポイントを試すためネットワークを使用。現在、ネットワークで満足していりゃーす。
LE175は、DADM100使用によるアッテネーターの取り外しにより、みずみずしさが増しやーた。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日のrheaのご機嫌

その後のrhea。

今回は、1200KHzでのクロス。
以前にもこのクロスポイントで試聴したことがあるが、その時の印象は賑やかな音という印象だった。今回、ちょっとLE175のチュウニングを施した。(その方法はナイショ)中域も分厚くなった感じ。これで38センチユニットとの2ウエイでもやれば、JBLサウンドそのまんまになるが、ちょっと目指すところが違うのでrheaとの2ウエイ。細かく言えば、2ウエイプラスツイータープラスSWということになる。だからどうしたと言われれば良いじゃあないか趣味なんだと言う事になるが、音の傾向はフォステクスサウンドとは傾向の違う音。FE168ES
も168SSから比べるとだいぶおとなしくなった。
好みの問題もあると思うが、私と同意見の人も多いと思う。そんな訳で、LE175を導入したが、今の所正解だった。目指すところは切れ味バツグンな音。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オフ会の参加者よりの感想が届いた

オフ会の参加者よりの感想が届いた

ほめられ過ぎかな

rheaのシステムの音の切れは、忘れる事が出来ません。
ただ切れるだけではなく、硬い物を”ぶった切り”にする感じで、切り口はピカピカという印象でした。

あそこまでのシステムを組んでしまうと、スーパーレア一発では物足りなく感じるのもうなづけます。

との事でした。又、お出でください。

こちらもどーぞ
http://www11.ocn.ne.jp/~otokiti/musyasyugyou.html#2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最先端ユニットと、ビンテージユニットの融合

rhea-puras-5クロスの変更

チャンデバの使用を止めてネットワークに変更。
LE175のクロスを2KHz、アッテネ-ターを取り付け、7dB下げる。スーパーレアはカット無しで出しっぱなし。結果は6KHzカットの時よりややハイ上がり。
3KHzクロスも試して見たいし、1KHzクロスも試したい。
ネットワークの音質の方が、自分の好みに合っているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スーパーレアで

rhea-puras-7スーパーレアでマルチアンプJBL LE175とストレートホーンによる2ウエイマルチ

フルレンジFE168ES使用のスーパーレアとJBL LE175。
アキュフェーズのチャンデバ使用でマルチアンプに挑戦。前々から考えていた事だったが、ついに実現した。
パワーアンプ、LRで2台ステレオで使用。
SW+2ウエイマルチプラスツイーター。
SWは別の駆動用アンプでプリから別系統に接続。
スーパーレアとLE175のクロスは900ヘルツ。LE175は上は15Kヘルツまで出しっぱなしで、ツイーターはコンデンサー1つのネットワークで接続している。
ホーンの音の浸透力はバツグンで、切れ味はすごい。
LE175の能率は108dBでさすがにこのままでは音にならないので、アッテネ-ターで6dB絞っている。
どこかで、LE175はボケたような音だとか聞いた記憶があるがとんでもない。
個人的な感想だが、もう少し音につやっぽさが出たら申し分ないと思う。なんとか調整して見ようと思っている。
セッティングも考える必要ありだが徐々にやっていこうと思っている。
その後の状況は又アップします。



http://www3.tokai.or.jp/one-drop/page/2way.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

良い音を聴いた

50ヘルツと60ヘルツ
良い音を聴いた

50Hzto60Hzの音の違いをとあるオーディオショップで聴いてきた。
CDPのみ60Hzでの試聴。50Hzでの音は、要するに、やせた感じのこじんまりした音。60Hzに変換すると50Hzとは正反対の、力強い、音場の広い音。
試聴した場所は50Hzの地域。ということは、60Hzの地域の人々はあんな良い音でいつも聴いているのだろうか。
オーディオメーカーが、60Hz圏に無いのは、その地域で作ったオーディオ機器を50Hz圏で使用すると、音質が悪くなるためらしい。本当だろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

悩みが解消

dengen

どうやっても直らなかった音像の片寄り

SPのセッティング変更後半年くらい悩んでいた音像の左チャンネル寄り。あーだこーだやってもどうしてもだめだった。ひょんなことからAssistance DesignのアイソレーショントランスAIT-700LKを手に入れた。一言で言ってこれは良い。音像の左寄りが一気に解決。立体感も良くなり、細かい音が良く聞こえる。ノイズが取れたためと思われる。少し疑問に思える事があつたので製造元に問い合わせたとこる、トランスは消費電力(この製品は700W)の60%位の負荷が一番音が良くなるとの事。そのため、コンセントを1つ増設しADプレーヤー、フォノイコ、SW用パワーアンプに使用。(パワーアンプとは別にしたかったのだが60%負荷のため)

アナログ関係には特に良く効く。

個人的な感想です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »