« 連休か | トップページ | 連休か(BlogPet) »

2005/08/17

何故38センチでなくて、FE168ESか

何故38センチを使わないのですか?と聞かれた。

答えは簡単で、38センチユニットの100HZ以上の音は聴きたくないからで、スピード感、切れ味は、やはりフルレンジFE168ESにはかなわない。これはバックロードで使っているから出来る事で、たぶん他の方式では無理だと思う。とにかく38センチユニットの中域、中高域では出せない音を狙っている。(普通に38センチユニットを使ったのでは面白くないと言う事もある)たかだか16センチのユニットで、38センチの代わりになるのかと思われるが、自分の感想としては十分以上に代わりになっている。

JBLのドライバーを使うきっかけとなったのは、部屋の影響もあると思うが、FE168ESの高域(4KHzくらいからの落ち込み)が気になっていたからなのだ。音楽の面白い部分が落ち込んでいたのでは、やはりよろしくない。面白みも半滅。導入後の結果は大成功。調整はそれなりに大変であるが、それも趣味のうちと考えればどうってこと無い。ポイントは、やはりユニットのタイムアライメントの調整だろうと思っている。もちろんクロスオーバーポイントや、音圧調整も大事であるが、定位や、音場感はタイムアライメント調整にかかっていると言える。その調整方法は、長年フルレンジを使ってきたので、いかにフルレンジに近付けるかという事で、それを肝に銘じてやっている。そのためか、フルレンジにマルチの長所を取り入れた音。全てのユニットの存在感は消えて、楽器も見えるし、ステージも見える。自然な音の出方になっている。不満はもちろんある。理想は、音場感と言われている現在全盛の(奥行き感とやらです)音の出方から、そっくりそのまま前に出てくるところを狙っているが、今一歩と言う所。それでも引っ込む所は引っ込んで、出るところは出ているが、そっくりそのまま後30cm前に出てくれれば言う事無しと思っている。

過去には38センチ、1インチドライバー、を使った3ウエイもやっていたが、その時よりも良い音で鳴っている。独断と自己満足の塊とも取られると思うが、そんな事はドーデも良い。その通りなんだから。

|
|

« 連休か | トップページ | 連休か(BlogPet) »

スーパーレアの調教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/5512489

この記事へのトラックバック一覧です: 何故38センチでなくて、FE168ESか:

« 連休か | トップページ | 連休か(BlogPet) »