« ついでですが、iTunesをASIO出力で使う | トップページ | 趣味はオーディオより釣りなどと言っていますが »

2007/07/29

ディザ効果

PCオーディオでアップサンプリングすると高域の情報が失われるとの事で、 Frieve Audioなど、アップサンプリング再生出来るプレーヤーは、ディザを混合することで高域の情報を補っているのであるが、その威力のほどは実感している。

これより以前15年程前に、有名なチェスキーレコードでは、このディザをADコンバーターで混合してCDを作っていた。その効果は、可聴外の超高域に混合すると、歪を減らす効果があるとの事でした。その効果は聴いてみれば分かると思う。耳の実験用に、そのチェスキーレーベルで発売していたテストCDの中から、ディザ有りと、ディザ無しの2曲をアップしてみます。

(これは、オリジナルは16bitであるが、試聴用に24bitに変換してあるファイルで、フリーブオーディオなどで聴くとディザの効果が分かると思います)

1曲目、0dB No dither
2曲目 0dB dither有り

ボリウムを適切に上げて聴いてみてください。チャイムの余韻部分などに現れてくれるとの事です。

wavファイルです

1曲目↓

「60_converter_resolution_test___0db_n_2.wav」をダウンロード

2曲目↓

「61_converter_resolution_test___0db_d_2.wav」をダウンロード

チェスキー様申し訳ありません。耳の実験のため勝手に使わせていただきました。

右クリック、名前をつけてリンク先を保存で
保存できます。

|
|

« ついでですが、iTunesをASIO出力で使う | トップページ | 趣味はオーディオより釣りなどと言っていますが »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

すばらしい!!!!!!!

投稿: akagi | 2007/08/01 09:55

ワーブルトーンの作り方を解説したページを作りました。
興味のあるオーディオ仲間がいらっしゃいましたら、是非教えてあげて下さい。
ちょっと手間をかければ、無料で(フリーソフトで)自作できます。
もちろんスイープのセッティング方法も解説しています。
http://east.portland.ne.jp/~kfujii/audio/how_to_make_worbletone.html

投稿: 音爺 | 2007/08/01 00:49

さすがに耳が良いですね!!
自分のPC ではほとんどのプレーヤーで再生できました。

24bitに変換したことにより、再生できない場合があると思っていましたが、やはりですか。

そっちの方は詳しくなく説明できません。すみません、これから勉強します。

投稿: akagi | 2007/07/30 14:08

dither無しはJBLで、dither有りはタンノイだ(笑)
或いはdither無しは間近で聞く音、dither有りはホールトーンを含んだ音、かな。
dither有りの方が上質に聞こえます。

ところで、そのままではメディアプレイヤーでは再生できませんでした。
最新のメディアプレイヤーなら再生できるのかな?
メディアプレイヤーで駄目だったので、エディットソフトで再生しました。。。

投稿: 音爺 | 2007/07/29 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/15937302

この記事へのトラックバック一覧です: ディザ効果:

« ついでですが、iTunesをASIO出力で使う | トップページ | 趣味はオーディオより釣りなどと言っていますが »