« PCオーディオ再検証 | トップページ | WaveUpConverterとFuse »

2007/08/28

ノッティンッガムスペースデッキHD

ほんのちょっとした事で音が変わる。

アナログプレーヤーのセッティングで前々から気になっていた事がありようやく試すことが出来た。
水平調整において、スペースデッキの場合3本足それぞれにねじ込み式で足が付いており、そのネジ付きの足で高さを調整するようになっている。このねじ込み式のネジの心棒が5ミリくらいの太さで、そのか弱いネジで重いプレーヤーを支えている事が最初から気になっていた。
スペースデッキはリジットにガッシリとしたセッティングでないと真価が発揮できないプレーヤーで、先日のアンプ類のセッティング変更のとき、この心配事を解決すべく挑戦してみたのであった。で、結果は大成功!!

調整方法は
足を最後までねじ込む。
水平調整は、フォックのスペーサー2種類と10円玉。
スペースデッキ付属のプレーヤー台、これは高級感があって見た目もきれいで気に入っていたのだが、これを取り去り、黒い御影石の台にのせた。
御影石の台は、ラックの上にのせている訳だが、このラックと御影石との間にインシュレーターで水平出し。念のためプレーヤー側も水平を取った。もちろんラックのガタなど皆無。

演奏の骨組がしっかりし、細部まで見渡せるようになった。
録音されている音をありのままに表現するという感じで、おおらかな録音はおおらかに、切れ込み鋭い録音はその様に、録音の普通なレコードでも良い録音に聴かせてしまう。リズム感のある曲調の曲なども気持ちが良い。
特に優秀録音版におけるパフォーマンスは抜群なものになってきた。

プレーヤーのグレードが1ランク上がったようで、セッティングの重要性があらためて納得できた。フォックのインシュレーターも効果があるようだ。
1,2週間このままで聴いて様子を見てみよう。


Adp2_2


で、2週間使ってみたわけだが、やはり大成功であった。

もう変えられない!!

 


|
|

« PCオーディオ再検証 | トップページ | WaveUpConverterとFuse »

スーパーレアの調教」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
>Rigidな低音もそうですが、充実した中域も。

そうですね。我が家も中域重視のシステムになっています。スペースデッキをきっちりとセッティングしたら、低域はもちろんそうですが、中域もかなり良くなりました。

投稿: akagi | 2007/09/10 14:29

>スペースデッキはリジットに
アナログ良いですね、コチラはようやくホーンの中高域手に入れました。Rigidな低音もそうですが、充実した中域も。

投稿: coldgin | 2007/09/09 20:14

追伸
>音の出力と入力を別々のソフトでは行えないのですか

foobar2000でFuseでアップサンプリングしたwavファイルを再生。
それをマイクで拾い、リアルタイムアナライザーで特性を測る、という事をやってみました。我が家のアナライザーソフトでは無事に測定出来ました。


投稿: akagi | 2007/09/03 15:07

想定外!!!
普通の使い方をしましょうよ。

ローランドのUA-1EXよりは、0404の方がクオリティーは上という事で我慢してください。

>foobarとFrieveAudioを同時に再生することが出来ませんでした。

そんな難しい事分かりません。分かったら教えてください(笑)

Wさん,小さいころはいじめっ子だったでしょう。
でも、Fuseのbatファイルをもらったので許します。(笑)

投稿: akagi | 2007/09/03 11:38

お世話になっています。
本日はマイクを貸して頂、ありがとうございました。早速サウンドカード・ユニット CREATIVE E-MU 0404に付けてみました。ダイレクトモニターでマイクの入力をヘッドホンで確認し、myspeakerのリアルタイムアナライザーで入力を確認しました。
この後、foobar2000でホワイトノイズを流し、リアルタイムアナライザーで測定しようとしましたが、上手くいきません。 foobar2000でWAVを再生すると、リアルタイムアナライザーが止まってしまいます。
音の出力と入力を別々のソフトでは行えないのですか?
ローランドのUA-1EXは44.1KHzではできますが。
また、foobarとFrieveAudioを同時に再生することが出来ませんでした。
難しいですね。

投稿: w | 2007/09/03 00:27

0404買ったのですか!!

>あてが外れたのは、仕様に「同軸:2入力/2出力」とあるので同軸でデジタル出力が2つあると理解したのですが、1つしかありませんでした。誤字なのでしょうか。

サイトの商品説明にはデジタル入出力は2つと書いてありますね。付属のアプリ用なのでしょうか。

foobar2000を使っているのでしたら、マルチアンプ用のプラグインがあるのでどーですか?自分では使っていないので詳しくは分かりませんが参考までに
http://www.aedio.co.jp/download/

>FUSEでアップサンプリングした176kのWAVの再生時に音切れが多発し困っています。

FrieveAudio以外のソフトでは、我が家では問題なく再生できていますよ。
FrieveAudioは、96KHz以下にダウンサンプリングで再生できています。
0404はかなりのじゃじゃ馬らしいので慣れるまでは大変らしいです

投稿: 1akagi | 2007/09/02 09:53

お世話になっています。
先週紹介して頂いた、E-MU 0404を入手しました。
設置に本日1日費やしてしまいました。E-MU 0404はASIOでないとデジタル出力をしないのと、当初なぜかFrieveAudioでASIOと認識しないことで、苦労しました。
今は、foobar2000とFrieveAudioで聴けるようになりました。24bit/96KHzのWAVファイルで音を比較をしています。
先週と同じようにFrieveAudioでオーディオ出力を176400Hz以上にすると音が出ませんでした。
FUSEでアップサンプリングした176kのWAVの再生時に音切れが多発し困っています。バッファサイズ調整をしましたが、改善されません。ローランドのUA-1EXは許せる範囲の頻度だったのですが。
あてが外れたのは、仕様に「同軸:2入力/2出力」とあるので同軸でデジタル出力が2つあると理解したのですが、1つしかありませんでした。誤字なのでしょうか。

投稿: w | 2007/09/02 02:36

こんにちは
御影石はヤフーオークションで落札した石で、
厚さ20ミリ、黒い御影石です。
フォックは、2ミリのインシュレーターと、1ミリのシートです。
10円玉と、2ミリ、1ミリのフォックを組み合わせて、何とか水平を取りました。
効果は抜群です。

投稿: akagi | 2007/09/01 09:18

こんにちは。私もスペースデッキを使っていますので、フォックと御影石の案、参考にさせていただきます。因みに御影石はどこ製で、板厚は何センチですか?

投稿: still_crazy | 2007/09/01 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/16267038

この記事へのトラックバック一覧です: ノッティンッガムスペースデッキHD:

» インシュレーター(スピーカー、ピアノ、エイプ50など) [インシュレーター(スピーカー、ピアノ、エイプ50など)]
インシュレーターについてのブログです☆ [続きを読む]

受信: 2007/09/01 03:38

« PCオーディオ再検証 | トップページ | WaveUpConverterとFuse »