« ノッティンッガムスペースデッキHD | トップページ | 似ているサウンドのレコード »

2007/09/03

WaveUpConverterとFuse

アップサンプリングソフト、WaveUpConverterとFuseの音の違い。

WaveUpConverterはFuseを元にして作られたソフトであるが、
音に違いがあるとの事、確かめてみた。
(自分の耳で分かるかどーか不安ではあったが)

曲は先日Wさんから提供していただきました。and
fuseのアップサンプリングのバッチファイルも教えていただきました。

曲は下の4曲(同じ曲でサンプリングの違い)

ノーマル16bit 44.1KHz

Fuseで、4倍にアップサンプリング24bit 176KHz ディザ有り

WaveUpConverterで4倍にアップサンプリング 24bit 176KHz ディザ有り

24bit 44.1KHz ディザ無し

以上の4曲。
再生プレーヤーは、wave Lab Liteで再生。

Fuse 
http://choi.nuts-choco.com/index.html

WaveUpConverter
http://oak.zero.ad.jp/~zab88225/escute/download/waveupconv/index.html

音の違いは?

両者の音の違いはほんとにわずかだがある。好みで言えばFuseの方であった。好みによってはWaveUpConverterの方だと言う人も居るかと思う。

再生が、波形編集ソフトのWave Lab Liteであったのがポイントで、ディザ有りとディザ無しの違いが良く分かった。それと、アップサンプリングの効果も良く分かった。

その後、再生ソフトをfoobar2000 Asio出力に変更。
音のグレードが1ランク上がった。立体感が増し、つやっぽさと切れ味が増し、なかなか捨てきれない音であった。

難点は、
foobar2000での再生は、リアルタイムでアップサンプリング再生が出来ないので、事前にfuseなどでアップサンプリングして保存するため、ハードディスクの容量が心配である事。

結論としては
HDに余裕が無い場合は、24bit 44.1KHzのwavファイルで、Frieve Audioでリアルタイムでアップサンプリング再生。(24bitはポイントです)

HDに余裕がある場合は、Fuseで、24bit  4倍にアップサンプリングして保存しておき、foobar2000でAsio出力で再生。

Frieve

これを書きながら、小川知子のアナログ盤をHDに録音して24bit 44.1KHZのwavファイルに保存した曲を、Frieve Audioでリアルタイムアップサンプリングで聴いているが、小川知子の声はつやっぽいね、色気タップリ。

|
|

« ノッティンッガムスペースデッキHD | トップページ | 似ているサウンドのレコード »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^O^☆♪
こちらはようやく梅雨明けです。じとじと、長かったな~\(//∇//)\
今日はWav Up Converterを使ったレポートしてみます。
MP3音源にも効果ありました(*^^)v
今回使った音のサンプル(中森明菜ベストコレクション2012 2CD)。
①MP3(320kbps)→WAV(16bit 44.1kHz)
この時点では音質の変化ほとんど感じられません。
使ったソフトはxrecodeⅡ(様々な形式に変換可能)。
② Wav Up Converter の設定を2倍(デフォルト)
24bit 88.2kHzでフォルダーごとドラッグドロップでレート変換。
CD2枚分20分ほどで変換完了。
ボーカルがどーんと存在感を増して、低域はバシバシ出て迫力があります。高音域はソフトですが、シッカリでようです。notes
オーディオCDに焼いてもいい感じで、車で聴いてます(((o(*゚▽゚*)o)))

投稿: よっちゃん | 2012/07/22 13:14

よっちゃん様恐縮です

投稿: akagi | 2012/07/18 18:59

ウエブアップコンバータご紹介のページにはありませんでしたので、新しいDL先貼っておきます。
http://www.findthatzip.com/-/w/waveupconv

投稿: よっちゃん | 2012/07/18 18:12

お互いに自作の部分は雨漏りに弱いようですね

投稿: サンテクニカ | 2007/09/08 21:08

窓側の天井と、ウーハーの天井が雨漏りしました。
窓側の天井は、今回初めての雨漏りでした。
一瞬天井が落ちるかと、覚悟していましたが、大丈夫でした。
自作の家ですので、隙間も多く、横殴りの風で雨が吹きつけ、隙間から雨が染み込んできたようです。
現在は天井にシミも無く問題ない状態です。

投稿: akagi | 2007/09/08 08:58

台風大丈夫ですか・・・
我が家は雨漏りはっせいでした。

投稿: サンテクニカ | 2007/09/07 17:54

>鉄人が虎視眈々とPCオーディオの高みを目指しているようですよ

鉄人Wさんのデジタル知識と、独特の発想で、高みに到着するのももうすぐのような感じですね。
その知識と発想を、パックマンするのが楽しみですよ。

>Digital→Analog→Digital→AnalogであったものがDigital→Analogとなった効果でしょうか。

このご時世ですから??シンプルが一番。
何事も複雑になりすぎると、もめ事も増える。


         と思います。


投稿: akagi | 2007/09/04 12:46

こんばんは
アップサンプリングしたWAVファイルの再生はfoobar2000の方が良いのですか。わたしも、これから再生はfoobar2000を使うことにします。
昨夜、システムを変更しました。
従来はデジタル出力が1口だったので
Digital→DAC→チャネルデバイダ2台
であったが、E-MU 4040でデジタル出力が2つになったので
①Digital→DAC(CEC)→チャネルデバイダ(アキュフェーズ)→中音と高音
②Digital→チャネルデバイダ(BEHRINGER DCX2496)→低音と中低音
としました。中低音はDAC(CEC)を介さないので、約0.1msec音が早く出るようになりました。
低音のでかたがずいぶん変わりました。重たくすっきりしました。
Digital→Analog→Digital→Analogであったものが
Digital→Analogとなった効果でしょうか。


投稿: w | 2007/09/04 01:06

鉄人が虎視眈々とPCオーディオの高みを目指しているようですよ。

投稿: kenbe | 2007/09/03 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/16330663

この記事へのトラックバック一覧です: WaveUpConverterとFuse:

« ノッティンッガムスペースデッキHD | トップページ | 似ているサウンドのレコード »