« バックグラウンドミュージック用PC | トップページ | テルミン »

2007/10/02

営業を考えて

通路の近くにLチャンネルのSPがあり、時々ぶつかるのではないかと不安になる時があり、それならばと両チャンネルのSPをセンターに寄せた。
出てくる音にはそんなに変化は無いだろうと思っていたが、2,3曲聴いている間に何か変と感じられた。耳をかっぽじってよくよく聴いてみると、中域が異常に飛び出ている。そのおかげで細かい高域の音がマスキングされ、おなじみの曲を聴いてもぴんと来ない状態で、
ドンシャリならぬドンチュウ状態であった。
両チャンネルのSPをホンの10センチ、センターに寄せただけなのだが、その程度で音が激変。
今にして思えば、音の変化が分かった事に安心しているが、もし音の変化が分からないような耳だったらと思うととホッとして、まだまだ耳の方は大丈夫と思い一安心したのであった。
中域の飛び出してくるさまは気持ちよい音であったが、曲の異様さには我慢できないのであった。もっと広い部屋で、パワーを入れて再生したら、それはそれは気持ち良いホーンサウンドが生まれそうだ。

2インチホーンを外側にセットし、1インチホーンを今回は内側にセット。
中域の飛び出しは収まり、1インチを内側にセットしたおかげか、高域が分厚くなった。

Newset

こんな事ばかりやっていると、オーマニは音を聴く時間より、セッティングの時間の方が長いなんて巷で言われているが、冗談ではなく本当にその様に思われてしまうな。

|
|

« バックグラウンドミュージック用PC | トップページ | テルミン »

スーパーレアの調教」カテゴリの記事

コメント

極めるにはまだまだ先の話で、いつになるのか。一生無理かも。
イコライジングで.....というのは、意外とイコライザーを使っている人は多いようですね。

我が家でもPCオーディオでは、7KHzを3db位上げて聴いています。ハッとする音が聴こえて来る時がありますね。低域は、考え方を変えて調整したら、大分解消されてきました。

投稿: akagi | 2007/10/04 11:55

耳鳴りがしている割にはまだ大丈夫のようです。

投稿: akagi | 2007/10/04 11:49

何事も極めてしまうと、後は飽きるだけ
極めるまでの過程を楽しみましょう。(笑)
低域にデバイダーを使い、強制的にハイカット、谷をイコライジングで撃退と取らぬ狸の皮算用をもくろんでいます。

投稿: kenbe | 2007/10/03 21:38

今晩は
・・まだまだ耳の方は大丈夫・・
良かったですね 私もセットを変えて自分の耳をテストしようかな??
あんまり変更すると・・音を聴く時間より・・と成ってしまうのですねでもこれが楽しいのかも。

投稿: サンテクニカ | 2007/10/03 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/16639980

この記事へのトラックバック一覧です: 営業を考えて:

« バックグラウンドミュージック用PC | トップページ | テルミン »