« 寒くなりました | トップページ | タマスプ44 »

2007/10/22

Wさん宅訪問

日曜、夜にもかかわらず押しかけてきました。夜中にいやな顔もせずに歓迎していただき有難うございました。

Wsp002

Wsp

JBL38センチウーハー。ボックス自作
JBL2インチドライバー、ショートホーン自作
16センチミッド、ボックス自作
TWなんと3個使用, やけくそ?(冗談です)

石パネルはWさんが教祖様


ここちょっとの間でWさんのサウンドが180度とまで言わずとも、100度位変わった。

一言で言って良い音できれいな音。
以前の高域の切れ味は収まり、間接音の響きも以前より少なめに変化していた。以前のスパッとした高域の切れ味が無くなったのは寂しいが、その分聴きやすくなったとも言える。
ここちょっとの間の怒涛のバージョンアップ。
PCに始まり、サウンドボード、チャンデバ2台、電源周りに。ケーブル類。
PCオーディオの権化とも言える音作りは、やりたい放題!!そのあたりの所も一聴一見の価値あり。

昨夜聴いたWさんのシステムは良い音でキレイな音であったが、あの音に高域の切れ味が入ってくれば、かなりのものになるだろうという感想。(高域の大人しさはWさんの好みとは違う、昨夜はわざとあのような音作りをしていたのだと思う。でしょう?wさん)
とにかくちょっと前に聴いたWさんの音とは別物であった。

部屋の響きも程よく調整されていて、以前より響きは抑え気味になっていて、音の良し悪しが良くわかる。この事はいろいろな意見もありましょうが、個人的には、録音が見えて来るような音作りを目指しているので、この意味では、好みであった。

異論があるでしょうが、ルームアコースティックというのに関して最近にして思うのは、音場創生であるという風に考えるようになった。響きの入っていない録音ソフトにアコースティック成分を加えてホールトーンらしきものを生成するのがルームチューンのあり方のように思える。良い悪いということではないが、録音をありのままに素直に再生するという事にこだわっているので、行き過ぎたルームチューンには注意したい。(持論ですルームチューンが悪いと言っているのではない)

積極的に響きを取り入れるというのが好きなのであれば、それはそれで良いと思う。
HiFiオーディオ(古い?)とはどういう」ものかという事を考えると、ソフトの音をありのままに再生するという風に捕らえている。
異論ももちろん有るのでしょうね。でもそれはそれで良い。

要するにやりたい事をやりたい様にやれば良いという事。

|
|

« 寒くなりました | トップページ | タマスプ44 »

Thanks」カテゴリの記事

コメント

さすがWさん、分析はしっかりしていますね。
その通りだと思います。
一言申し上げると、オーディオに生の音を求めるとそのような理論になるのではと思います。
自分としては、生の音はオーディオでは求めていないので、生音はオーディオでは不可能です(あくまでもソフトに忠実に再生する)という事を狙っているので、音場を作るのではなく、家々によって違うであろう再生音をありのままに出す、という事を狙っているわけです。
音場創生が悪いというわけではなく、それをやりたい人はやりたいようにやれば良いと思っています。

オーディオに対する自分の考え方は、オーディオは感覚、感性、記憶、思い込みによるホビーと思っているので、直感的に感じたことを大事にしたいと思っています。

>akagiさんと私はチン問屋ではなく、お化け屋敷を目指していると思います。

この事は、リアルな音、雰囲気と考えると、最高のほめ言葉と思っておきます(笑)

SPの見た目はチンドンやで?、出てくる音はお化け屋敷としたら、これは自分にとって最高のほめ言葉だと思いますね。(まだまだお化け屋敷になるには力不足と思っていますが)


投稿: akagi | 2007/10/23 09:25

ルームアコースティックについて私の想像を述べます。
目の前で楽器が演奏され360度に音を発すると前提を置きます。直接音として耳に届くのは耳の穴の大きさに限定される極めて一部の音です。
① 楽器が発した多くの音は反射音で耳に届く。その音は方々の方向から耳に入ってくる。
② 人は音の方向が分かる。(左右にしか耳がないのに、前からの音か後ろからの音か判別できることからの想像。)→直接音と間接音の区別がつく。
人は日頃から、目前で発した音の直接音と間接音のバランスを学習している。(その反射音の方向も学習している。)
③ 2chのSPの高音は低音に比較して、指向性が強く、直接音と間接音のバランスで直接音が多くなる。(自然界にない経験したことのない音である)
例えて言うなら、目前で演奏されたときの直接音と間接音の比が1:9であった場合、SPで聴くとその比が高音では5:5、低音では1:9になってしまい、自然界では経験したことのない音になってしまう。この対策として、高音の直接音の音圧を下げ間接音の音圧を上げることが考えられる。
この前提は、「音の認識において、人は音の方向を重視している」か「音の認識において、人は音の方向を重視せず、音圧を重視している」にかかっている。私は、動物にとって聴覚は敵の方向と距離を知る重要なセンサーとして進化したと思うので、前者だと思います。
いずれにせよ、オーディオは聴覚の騙し合いを楽しむものだと思います。
akagiさんと私はチン問屋ではなく、お化け屋敷を目指していると思います。

投稿: | 2007/10/23 01:34

以前、サーロジックの村田さんに反射板が多いと指摘されました。折角作ったものなので使っています。
高域を抑えるのは、お客様仕様です。kenbeさんの指導です。一人で夜聴くときは小音量で高域を上げて聴いています。
質問事項をメールで書きました。色々教えてください。

投稿: W | 2007/10/22 22:39

今晩は 昨日は有難う御座います
Wさん宅訪問は私も行きましたが結構よかったです ウーハーのエッジ交換をした後だったのですが デジタルの調整が結構効いていて良い方向に加担しており さすがにWさん と思いました
コメントの通りの音でしたね。

投稿: サンテクニカ | 2007/10/22 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/16840110

この記事へのトラックバック一覧です: Wさん宅訪問:

« 寒くなりました | トップページ | タマスプ44 »