« 32bitWAVファイル | トップページ | 出た.....................!! »

2007/11/17

32bit続き

32bit 192KHzにアップサンプリングでの再生のその後の感想。

まず24bit 96KHzアップサンプリングでの音質は、従来より感じている、ダイナミックレンジ、力感、切れ味が非常にGood。

32bit 96KHzアップサンプリング再生は、24bit の音質傾向である、ダイナミックレンジ、力感、切れ味バツグンはそのままに、上品な音質に変化する。
どちらが良いかは好み次第、その時の気分でbit深度を選べば良いかな。

24bit 192KHzアップサンプリング再生は、広がり感はGootだが音の厚み後退、繊細な音質に変化する。

32bit 192KHzでの再生も、同系統の音質。
以上の音質傾向は、 Frieve Audioでの再生で、好みで言えば32bit 96KHzアップサンプリングでの再生がベスト。

また、別の方法で
Fuseで24bit 4倍にアップサンプリングして、 foobarなどでの再生での音質比較も面白そう。
次回はそれか。

|
|

« 32bitWAVファイル | トップページ | 出た.....................!! »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/17100250

この記事へのトラックバック一覧です: 32bit続き:

« 32bitWAVファイル | トップページ | 出た.....................!! »