« 新作ウーハーボックスその後その2 | トップページ | ボブマーリーの伝記映画 »

2008/05/27

ぜんぜん音が違う

CDリッピングーの方法や、リッピングソフトによって再生音がぜんぜん違う。
通常の一般的なリッピング方法では、CDの完全コピーは無理なようだ。
エラー補正とか、オフセット(音質には関係ないようだが)などを完璧に調整してCDをリッピングしたWAVファイルを再生した時の音質は、完全にCDプレーヤーに勝っている。

通常のハイエンドCDプレーヤーでもエラー補正などを完璧に行うのは不可能らしく、(再生とエラー補正をオンタイムで行うのは現段階では不可能)メーカーもそのあたりのところは触れられたくないらしい。(本当の事です)

PCオーディオの音質的な有利さはこのあたりに有る様だ。

再生元の音質が良くないと再生音にも影響する、当たり前の事でした。

全部のCDリッピングのやり直しだ。

|
|

« 新作ウーハーボックスその後その2 | トップページ | ボブマーリーの伝記映画 »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/41342942

この記事へのトラックバック一覧です: ぜんぜん音が違う:

« 新作ウーハーボックスその後その2 | トップページ | ボブマーリーの伝記映画 »