« One Love Jamaica Festival | トップページ | ぜんぜん音が違う »

2008/05/20

新作ウーハーボックスその後その2

裏板をボンドと木ネジでガチガチに接着した。
低域の量感が増えてしまった。低域が出ないようなウーハーボックスを新調したのに??。

密閉のspボックスは、ある程度雑に作り、空気抜けがほどほどに有る方に作った方がが音に良い用に思える。(この事は、sp自作達人KENBEさんも言っていた)

今回、裏板を接着した結果、低域の音質は上記の傾向に変化したが、この対策に昨日から追われていていましたが、なんとか解決しました。
方法は内緒です。

|
|

« One Love Jamaica Festival | トップページ | ぜんぜん音が違う »

オーディオ、音楽 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

錘と、少々のfc調整とレベル調整でした。

投稿: akagi | 2008/05/29 15:17

返信が遅くなりました。
中低域と言うと100~400Hz付近が盛り上がったという事でしょうか?
仮定ですが、その付近が盛り上がったのは機密性を上げた事により、空気バネが強くなり箱鳴りを増長させたのではないかと考えられます。
対策は、箱の強度を上げるか、錘を使用して板振動の帯域を低い方に向ければ解決しますね。
とこんな感じですが、錘を使用したのでは?

投稿: | 2008/05/29 07:30

中低域が増えましたが、何とかなりました。
208フルレンジのウーハー使い良さそうですね。

投稿: akagi | 2008/05/21 12:18

akagiが新作するの?

投稿: BlogPetのたま | 2008/05/21 09:16

こんばんは、昨日はありがとうございました。
ウーハーの量感が増えたとの事ですが、どのあたりの帯域が増えましたか?
その辺が分かればなんとなく対策の検討がつきますよ。(笑)

投稿: kenbe | 2008/05/20 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/41268112

この記事へのトラックバック一覧です: 新作ウーハーボックスその後その2:

« One Love Jamaica Festival | トップページ | ぜんぜん音が違う »