« 可聴周波数チェック | トップページ | スペースデッキHDアーム分解メンテナンス(BlogPet) »

2008/06/08

スペースデッキHDアーム分解メンテナンス

スペースアームの内部配線ケーブルの交換した。オリジナルのケーブルのカートリッジに取り付けるチップが繊細でか弱くて、カートリッジの交換などしようものならすぐにチップが取れてしまう。
毎度のことなのでどうって事ないのだが、この際だから内部のケーブルも交換した。
メーカーに頼むと¥45000、高いねえ。
自分でやったので、ケーブル代のみ¥1000ちょっと。
Arm001
スペースアームのワンポイントベアリング。飛び出ているところがベアリングとアームを支える支柱。アームの上部にあるネジと、下部の台に差し込んで2つのネジで支える。
このアームの組み立てポイントである、この2つのネジの微妙な加減で、このアームは出来ている。
そのためか、非常に繊細なアームで、ちょっとした刺激で、ベアリングが外れてしまう。




Arm002_2

真ん中の写真
アーム台の左側、大きい穴がケーブル用の穴。

小さい穴がベアリングとアームを支える支柱用の穴。
このアームは音は良いのだが、構造上の欠陥で、小さい穴と、大きい穴の位置が逆の位置であれば良いと思うのだが、そのため上部写真にあるベアリング部分にケーブルが食い込んで
しまい断線してしまう。



                                                      

Phono

下の写真
オリジナルと同じ太さの銀のケーブル。(この太さでないとアーム内部に入らない)








本当に繊細で細心の注意が必要なアームで、そのためにこのアームは使わない人が多い。
何度かアームを分解して、構造が理解できたので、今は安心して使えるが、ちょっとした刺激でワンポイントベアリングが外れてしまう。
このアームを使っている人以外では写真を見ても何の事かは分かりませんが、このような事柄があるということで。

メーカー修理で¥45000は高い。

|
|

« 可聴周波数チェック | トップページ | スペースデッキHDアーム分解メンテナンス(BlogPet) »

オーディオ、音楽 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

本当にベアリング部分が外れやすいです。
(音は良いんですが)

投稿: akagi | 2008/06/10 10:56

いやいや 修理や顔負けの内容ですね
私はこのタイプは使用したことがないので取り扱いは判りませんが・・・写真を見れば構造が簡単なのですごく良いと思います 
1点支持アーム機会があったら使って見たいです。

投稿: サンテクニカ | 2008/06/09 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/41470455

この記事へのトラックバック一覧です: スペースデッキHDアーム分解メンテナンス:

« 可聴周波数チェック | トップページ | スペースデッキHDアーム分解メンテナンス(BlogPet) »