« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の5件の記事

2008/11/27

まいったなあ 疲れた

one-dropのwebサイトの登録IDを間違えて削除してしまい、webサイトが削除されてしまった。
それならばと、新しいwebサイトに登録しました。 が、
アップロードでつまずき(四苦八苦していまいた)結果的には、ファイル名のスペースや&の文字が使えず、アップロードしてもページが開けない状況で、いささか頭に血が上りましたが、我慢と根性で上記の間違いを発見、無事に登録できました。登録サイトによっていろいろ違いが有り勉強になりました。

あたらしいURLは
http://susono1drop.web.fc2.com/

やれやれですた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/11/23

rheaから30センチウーハーに変えて

ここのところいきなり中域と中高域が分厚くなった。本当に突然に。

営業中に、マルチではありませんが、(ミニコンポのBGM用の小さいプリメインアンプ)で、ネットワークによる4ウエイで鳴らしている影響?(毎日10時間以上鳴らしているためウーハー、ドライバーがこなれたため?か)
もしくは2440の再着磁のエージングが進んだためか、

(もちろんこれらの音の感想は、いつものマルチアンプによる再生時の音の感想です)

オーディオマニアの人達には良い音とは言えませんが、ジャズはジャズらしい音、ロックのときはロックらしい音、ボーカル物にはそれらしい音が出るように調整している。
それは意外と難しいのですよ。音楽を良く知らないとそのような調整は出来ません。

もう一歩で満足できる音になりそうではある。(笑)

アルコールが入っているときは今のままでも満足であるな  (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/11/18

昨日手に入れたLPレコード

今回手に入れたお宝?は

ベートーベンウエリントンの勝利/大序曲1812、カラヤン指揮ベルリンPHO

ボーカル物、キムカーンズ、クラウディアバリー、ドナサマー、ケイトブッシュ、他。

フュージョン系、デ-ブグルージン、(ボーカルでフィービースノウが入っている)
          George Duke、スタンリークラーク(ギターでジェフべックが4曲入っている)

ジャズ、 Kenny Drew Trio,     Phineas NewBorn JR   
     Steve Khan (ピアニストのSteve Kuhn と違う人です)

ジャマイカのブラック系(分厚い低域で、チェックに最適ですが、とんでもないところから高域が飛んできてビックリする)

60年代の香りぷんぷんのインストルメンタルで、スプートニクス。(知っている人はお年寄り?録音もかなりグットです)

スパイクジョーンズ楽団(デキシーミュージック。ムードミュージック?をデキシーで演奏。なかなか良いです)

サンレモ音楽祭物。ダスティースプリングフィールドで有名な、この胸のときめきをのオリジナルバージョン、歌い手はアンナリタ スピナーチ。他にはボビーソロ、Gチンクエッティー。


ベートーベンウエリントンの勝利と、チャイコフスキー1812は、録音は良いのだが、大砲の発射音は、テラーク盤に負ける。

ドナサマーは、ディスコブームが」一段落して、ブラックコンテンポラリー(ブラコン)に移行する時期のもの。この当時は主だったディスコシンガーが皆ブラコンに移行していた時期で、成功したシンガーは少なかったと思う。

デーブグルージンのボーカル、フィービースノウですが、最初の歌いだしだけで、一気に自分の空気に染めてしまう。かなりのものです。この人のアルバムは5枚ほど持っていますが、どれもはずれの無いアルバムです。バリエーションも豊か。

スタンリークラーク、相変わらずのチョッパーベースが冴えています。ジェフベックのギターもジャズっぽい演奏で驚きます。
1曲目の曲など、当時のテクノサウンドの影響が見られ面白い。

ケイトブッシュ、相変わらずの不思議ちゃんで飽きません。作詞作曲、アレンジ、演奏、全て自分ひとり作ったらしい。なんと自宅にスタジオまで作ってその自宅スタジオで完成させたアルバムとのこと。   (マドンナもビックリするでしょう。)

Lp001

 

Lp002                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/11/16

廃棄したいなぁ(BlogPet)

きょうたまは処分した?
でも、akagiはビデオ映像に変化したいなぁ。
でも、akagiで開催されたみたい…
だけど、廃棄したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「たま」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/11/13

音の出方の好みの変化

ここ最近オーディオシステムの音の出方に対する好みが変わってきて、俗に言うオーディオマニア向けの音に?興味がなくなってきた。
ではどのような音が良いのかというと誤解を招くのでここでは言いません。(笑)

流行の響き重視の音だの、奥行きがどうだの、広がりだとか.......................
定在波などもまったく無くなるとつまらない音になりそうだし、タイムアライメント調整も測定で調整して、決めは耳が良いと思う。
最近感じているのは、時間の少々のズレによって音の方向感や、距離感などが出てくるように感じている。
測定器なみにピッタリとアライメントを合わせても、つまらない音になる。rock

それとマルチアンプだろうが何であろうが、シンプルが一番ということかな。

オーマニ卒業かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »