« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の9件の記事

2009/09/30

オーディオマニア

一番肝心な音楽の芸術性や演奏者の感性などにはほとんど興味を持たず、技術的な高音質化ばかりにこだわる、ある意味では本末転倒な者も多いのが残念なところである。

また、高スペック・高音質を追求する高級オーディオ分野では、音楽よりも空気感や臨場感の追求が主目的となり、CDやレコードはもっぱら音質チェックのために利用され、中身の音楽の芸術性や演奏者の感性などにはほとんど興味を持たない者もいる。

↑ はWikipediaでの記事。

当たっているようでもあるし外れてもいる。それらもひっくるめて音楽性や演奏者の感性、、、、、だと思うのだが。

オーマニにも人それぞれいる。

だからといって、オーディオ業界の不振は、そのようなオーマニが原因と言い切っているところは変だ。
分けも分からない商品に、とんでもない値段をつけて商売している、そのような体質の方が問題だ。
逆にオーマニはそのような商品を見極めることが出来る。(そのようなところから、業界からオーディオマニアが嫌われているのでしょうな)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2

Q5ma1qzy

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009/09/24

デジタルの音とアナログの音

山下達郎、矢沢永吉。偉大なミュージシャンだ。特に矢沢の録音機材のくだりは注目です


例えば今のやり方(現行のPro Tools環境)だと、まだ厚い音が作れない。「ヘロン」みたいなのが作れない。音をいくら重ねてもああいう厚みがでないんだよ。音が渾然一体にならない んだ。アナログの時代の音がCDよりよく聴こえる場合があるのはアナログ時代は入れられる音の情報量が今より少なかったために音が圧縮されたり歪んだりし たの。でもその歪みが音のガッツとして良い効果を生んでたわけ。
ところがデジタルにはそういうアナログ的な歪み感がないから、どんなに音量があっても音に アナログ的な疾走感がでないんだ。だからアナログ時代には誰にでもできた音像が今はもうできない。
我々の時代のロックンロールのグルーヴは今の尺度からみ れば劣悪な機材を使った情報量の少ない音だった故に、すごく凝縮されて爆発して生まれたものなんだよね。それがデジタルではつくれないの。とくにハイエン ド(高品位オーディオ)になるほどね。(山下達郎ファンクラブ会報「TATSURO MANIA」No.542005Summer)


ゼロ年代、Pro Toolsの時代に特有の「空間を生かす、遠近感のない、音数の少ないサウンド」を指して「スカスカ」と評しているなら見当違いだと言わざるをえない。そ れは中田さんのみならずこの10年、レコーディング現場ではみんな悩んできたことなのだ。
このような大変化の波に独り果敢に立ち向かった男がいる。矢沢永 吉だ。矢沢はやはりPro Toolsの、異常にクオリティの高い音にロックンロールを感じなかったようだ。ちなみに矢沢は97年のアルバム「YES」以来、自身の手でデータを打ち 込み、コンピュータミュージックに挑戦している。使用しているシーケンス・ソフトはCubase VSTだ。これは石野卓球も使っている、テクノやハウスなどでオナジミのソフトなのだ。
通常J-POP、歌もので使用されるシーケンスソフトといえば Digital Performerが一般的だ。(中田ヤスタカ、山下達郎が使用)
つまり矢沢は自身の音楽を歌ものの歌謡曲ではなく、ダンスミュージックと捉えているんだ ね。使用機材でその音楽的思想がみえてくる。で、そんな矢沢はPro Toolsを前にして理解した。ロックンロールは「アナログレコーディングと同義である」と。
そして部下に命じる。なんとしてもSTUDERのアナログの テレコをゲットしてこい!(とっくの昔に生産中止)世界中探して来い! カネならだす! そして数日後、部下から連絡が入るのだ。「ボス、メキシコのド田 舎のスタジオでSTUDER発見しました! しかもやたら状態がいいです!」 ボス「よし、5万ドルで交渉しろ」そして彼はSTUDERのテレコをてに入 れるのだ。アナログ特有の歪み、圧縮、爆発、それは新作「ROCK'N ROLL」でも鳴り響いている。矢沢といえば「成り上がり」の矢沢の文脈で語られることが多いが、実は相当スタジオ・イクイップメントに精通したレコーディングアーティストでもあるのだ」

http://bungeishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/j-pop-a655.html 



(ロックンロールは「アナログレコーディングと同義である)というロックンロールという言葉を音楽と置き換えても良いと思えるが、
それにしても矢沢は素晴らしい。
見直しました。

アナログ特有のグルーブ感は、そういうことだったのね。
音楽を作る側の人が感じていたのであれば、我々聴く方の側として感じていた事は間違っていなかった。

でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2009/09/12

ソウル 女性ボーカルだったらこれを聴かないと

Etta James
魂を揺さぶられるボーカルは絶品。

現在、ビヨンセがEttta Jamesの役で、映画出演中。
『キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語』
http://www.hmv.co.jp/news/article/906240074/

マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、ボ・ディドリー、チャック・ベリー、エタ・ジェイムズ、リトル・ウォルター、バディ・ガイなどの錚々たるブルー ス・マンを擁し、シカゴ・ブルースの代表作を多く送り出した伝説のレーベル、チェス・レコード。
1950~60年代のアメリカ黒人音楽史に大きな影響を与えただけでなく、黒 人たちの間でしか聞かれなかったR&B/ソウル・ミュージックを白人層にもクロスオーヴァーさせ、やがてロックンロールが誕生。
チェス・レコード は、そんなアメリカのロック史、また、レコードの歴史を語るうえで不可欠なレーベルです。チェスなくしてローリング・ストーンズら白人アーティストらが強 く影響を受けたUKにおけるブルース・ブームも語ることはできない、その後のポップ/ロックの音楽シーンに大きな改革をもたらしたことでも知られる最重要 名門レーベルなのです。
(オフィシャルサイトからの引用)


そんなチェスレコードのオリジナルアナログ盤

Etta                                         
Etta001                                           
CDはかなりの製品が発売されています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009/09/11

9.11記念博物館 MAKE HISTORY

                           

ニューヨーク世界貿易センタービル跡地に建設中の 9.11記念博物館。

テロ発生後の現場や人々の様子の写真や映像を一般公募。
それらをインターネット上で一般公開との事。

世界中からの素材提供を訴えている。

http://makehistory.national911memorial.org/

                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/09/09

坂本龍一氏に訊く、今後の主流は音楽配信になっていく

「音楽配信という形態は今後も普及こそすれ、少なくなることはないと思います。今後は主流は音楽配信で、CDやレコードはコレクターズアイテムみたいな位置付けになっていくんじゃないでしょうか」と語る坂本氏。

詳しくは
http://www.phileweb.com/interview/article/200908/31/25.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009/09/05

音楽知識をオーディオ知識と置き換えて

Twitter,Tumblrにも載せましたが。↓

音楽知識は耳垢と同じだから、溜まりすぎると音を楽しめないよ。

これをオーディオ知識と置き換えても同じですなあ。。

http://one-drop.tumblr.com/

Cat

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009/09/03

インターネットラジオ

http://www.theradio.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんなのも出ました

Sptumblr

















詳しくは↓
http://one-drop.tumblr.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/09/01

ストーンズ元メンバーのブライアンジョーンズの水死、英警察が再調査だと

40年ほど前に、プールで水死で発見されたというのは有名な話。

なにやら、プールで水死の状況のとき、見知らぬ男が一人プールに入っていて、ブライアンに何かをしていたらしい。
(という情報が入ったとの事で再調査になった、。との事らしい。)

ブライアンは、他のメンバーと(特にミックジャガー)と音楽的対立があり、ストーンズを抜けた。

ブライアンは、職人気質、クリエーター気質で、メンバーとの対立も多く、麻薬に逃げ込んでいた。という話は良く知られている。

人気、実力はその当時ストーンズの中で一番で、雰囲気、カリスマ性も一番。

ブライアンがストーンズを抜けた以後、ストーンズはオリジナル曲がメインになっていった。

その後は皆さん良くご存知でしょう。

Brian01

Brian_jones_guitar

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »