« 今日はこれからオーディオ仲間とレコードを | トップページ | 2枚のアナログ盤 »

2009/12/15

ノラ ジョーンズ 新作 ザフォール アナログ盤

聴いてみた。

ノラの音楽的背景、好み?が個人的に感じられた。

ジミヘン、デレク&ドミノス、お父さんのインド音楽のニュアンスも(気のせいかもしれないが)今回は聴き取れた。

カントリーミュージックは大好きなのでしょう、全部のアルバムにカントリーサウンドは入っている、もちろん今回も。
いずれはカントリーのアルバムを作りたいと言っているそうなので、それは楽しみです!!。

B面最後の曲がフォークブルース的で、録音も当時の音のニュアンスを意識して録ったようで自分的にお気に入り。
最後に犬の鳴き声が入っていますが、これはノラの愛犬の鳴き声だそうです(笑)

このアルバムは(アナログ盤)は、低域がたっぷり、ゆったりと入っている。

再生の仕方によってガラリとニュアンスが変わる。

|
|

« 今日はこれからオーディオ仲間とレコードを | トップページ | 2枚のアナログ盤 »

Thanks」カテゴリの記事

コメント

ジョーンズって…なんだろう…?

投稿: BlogPetのたま | 2009/12/18 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/47026897

この記事へのトラックバック一覧です: ノラ ジョーンズ 新作 ザフォール アナログ盤:

« 今日はこれからオーディオ仲間とレコードを | トップページ | 2枚のアナログ盤 »