« ノラ ジョーンズ 新作 ザフォール アナログ盤 | トップページ | 映画「アバター」  J・キャメロン »

2009/12/21

2枚のアナログ盤

ノラジョーンズとSADE.

どちらも低域タップリの録音で、taurus 気になっていた。(聴き疲れする)
ノラジョーンズの場合、ベース領域の分厚い低域が、ある意味不都合を感じていた。微妙なニュアンスや、グルーブがいい感じで聴けなかった。

SADEの場合、ドラム領域の音が、耳に付いてストレスを感じていた。
両アルバムとも、楽曲アレンジ共に抜群の盤であるからにして気持良く聴きたい。

そんな訳で又チューニングの変更。

大げさではあるが、以前のチューニングに戻しただけ。
微妙なウーハーのfcの変更はあるがいい感じで聴けるようになった。
息ずかいやグルーブ、演奏のアヤなど感じられるようになった。

低域の切れ味が戻った!!

ノラのアルバム

ギターの切れや、ボトルネックの音(たぶん)
お父さん(ラビシャンカール)の雰囲気を出したと思える楽曲。

ひとつ前のアルバム、CSN&Yの雰囲気のサウンド。
もちろんカントリー風の曲。

ジミヘン風の曲もある。

ある意味どの曲も昔のサウンドを演っている様にに思えるが、すべてノラ風な新しいサウンドになっている。
このあたりがノラジョーンズの人気がある所以に思える(個人的に)

SADEのレコード、友人にいただいた物、この友人も大事にに聴いていたレコードで、本当に思い入れのあるアルバムのようだ。

そんなレコードを
ぜひ聴いて欲しいと持ってきていただいた。

それならば、我が家で出来る最高の再生方法で聴いかないと失礼になる。

このアルバム、発売当時ベストセラーになったアルバムらしい。(納得)

そのようなわけでありました。

おかげさまで良い感じで聴けるようになりました。

良いです。

Sade_2


                                              

SADE  Lovers rock

良いアルバムです!!  

もうすぐ新譜が出るようなので、チェックですな。         

|
|

« ノラ ジョーンズ 新作 ザフォール アナログ盤 | トップページ | 映画「アバター」  J・キャメロン »

Thanks」カテゴリの記事

コメント

偉そうなことは言えませんが、オールジャンルで鳴らそうという場合は半分は妥協です(笑)

で、好みのジャンルと好みの音にに合わせてやっています。
音楽やミュージシャンが見えてくればそれで良しとしています。贅沢は言いません。
なので、他の人が聴いた場合、それぞれに言い分があるでしょうね。

今回の(というか自分の方法は)ある意味ハイ上がりのひどいソフトの場合は、上手く再生できないです。(なのでそのようにハイ上がりのソフトは無かった事にしています)
ふつうのソフトはなんとか対応できています。

あちらを立てればこちらが立たず。両方立てるほどの腕が無いので、このあたりが妥協です。

低域の切れ味を重視すれば、ある程度は低域が犠牲?になるし(良い意味で、過剰な余分な低域は出さない)、低域が、ユッタリタップリと出すぎている場合、細かなニュアンスが犠牲になるし、このあたりのジレンマで遊んでいる?感じですね。

投稿: akagi | 2009/12/23 16:04

ああ、なるほど!

SADEのこのアルバムだけをうまく鳴らすと他が
良くない。 逆に他をうまく鳴らそうとすると一番好きなこのアルバムが良くない。

僕はこれの繰り返しで複雑なマルチシステムを諦めかけていたんですが、鳴らすレコード、ジャンル、楽器などごとにできる限り最適な設定をしてやればいいんですね! akagiさんが先日、抵抗を2インチドライバーに咬ませていたのはまさにこれなんですね。

よく考えてみればこんな当たり前なことなのに、何故か今まであまり深く考えたことがなく、見えなくなってました。 

そうやって考えてみるとアナログレコードの再生は写真を撮るのにどこか似ているかもしれませんね。

僕は自分で組んだマルチシステムが、複雑過ぎて本当にこれでいいかが自信が持てなくなってしまっていたかもしれません。 それはオールジャンルでの鳴りっぷりにとらわれ過ぎていたかもしれません。 akagiさんのように一枚一枚気持ちよく鳴らすことを忘れていました。

来年楽しみです。ゆっくりと飲みながらまたいろんなお話ができるといいなと思っています。
是非お待ちしてます。

投稿: FREAK BEAT(コウキ) | 2009/12/23 14:05

このレコードだけというチューニングであるなら簡単なんでしょうが、他のソフトも聴くということもあり、最高の音とはいかないまでもなんとか対応できました。

こちらに来たときはいつでもお寄りください。

それと、来年はコウキさんの所に行かせていただきます。

投稿: akagi | 2009/12/22 17:07

気に入ってもらえて本当に嬉しいです。
持っていった甲斐がありました。

このアルバム、おっしゃるように低域の再生が難しいんです。僕も今までこのアルバムが気持ちよく聴けるのを目標に(ちょっと大げさですが)ダブルウーファー+ミッドバスの6ウェイマルチまで手を出しました。

結局、あまりの難しさに途中で投げ出し、アナログ盤の再生は徐々に少なくなってしまいました。 今までで一番良かったのがCD再生でヘッドフォン!なんです(笑) その次に多く再生してるのがカーステレオです(笑)

ギターの弦をスライドさせるキュッ音とか左右でほんの少しノイズが違う(トラックを何度も重ねたであろう)録音の粗とかも全部好きなので、それもよく聴きたい。&難しい低域もちゃんと聴きたい。を、結局自宅のシステムで満足できたことがありませんでした。

志半ばで諦めた格好ですが、akagiさんのチューニングを変えて良くなった音をまた聴かせてもらいたいです。

大きい声では言えませんが、このアルバム、以前ヤフオクやEbayなどで出品されたら全部買い占めているのは僕です。 友人に配るととても喜ばれますし、自分使用も消耗品なので(笑)

ノラ・ジョーンズの新譜、僕も欲しくなってきました。久しぶりにアナログ買おうかな~

投稿: FREAK BEAT(コウキ) | 2009/12/22 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/47078912

この記事へのトラックバック一覧です: 2枚のアナログ盤:

« ノラ ジョーンズ 新作 ザフォール アナログ盤 | トップページ | 映画「アバター」  J・キャメロン »