« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の7件の記事

2010/02/25

過去の自分で投稿した記事を読み返してみると

ずいぶん偉そうな書き方をしているな。

書いた記事には責任を持つために、消去はしませんが、
読み飛ばしていただくと助かります。

自分でも本当に分かっているんかいなと思うこともあります。cat

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/23

CDの寿命は30年

先日TVでCDの寿命は30年と学者の先生が言っていた。
概にもうその兆候、症状が出始めているとの事でした。

初期の頃のディスクの検品をしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/22

マルチアンプ

音楽を聴くだけだったら、ラジカセでも何でも音が出れば聴けるなんて意見もあるが、
そうは思わない。

良い音楽は良いシステムで聴きたいし、良い音(人それぞれです)のする好みのシステムで聴きたい。ヘンなオーディオシステムでなどでは聴きたくもないし聴く気にもなれない。

久々にメインシステムでアナログで聴いてみた。
我が家はマルチアンプでやっているので、ついでにアンプの違いなども試してみた。

◎ マルチアンプシステムは同じアンプを使うというのが基本になっているが、実際のところ はどうなのか。

◎ アンプの音色、特性を分かった上でそれなりのアンプを使ったマルチアンプ。

両者の音の違いは?

(友人の好意でお借りできた)アキュフェーズのA級アンプ3台。これをウーハー、2インチドライバー、1インチドライバー。

もうひとつは普段のメインシステム
ウーハー パス アレフ2(モノ×2)
2インチドライバーA20V
1インチドライバー TW  DENONプリメインアンプ

個人的な感想は

同じアンプで揃えた場合の音質
優等生的?というか良い音で聴こえる。
又安心感もある。
アンプで迷っている場合は手っ取り早くてこちらが良い。

アンプをお好みで選んだ場合

音色やもろもろの特性などが滅茶苦茶なアンプ群でない限り、問題なく使えるように思える。

低域に適したアンプ、中域に良さがあるアンプ、高域が良く伸びて、好みの高域が出るアンプ
などなど。好みの音作りにはもってこい。
独自の音作りをやるならばこちらの方が幅広く出来る。

それぞれに適したアンプを使ったマルチシステムの方が面白く感じた。

要は好きにやれば良いという事。

耳鳴りジージー鳴りまくりの、あてにならないくそ耳での感想なので、そこはご理解のほどを(*^-^)

音楽好きでオーディオをそこそこやっている人であるならば、マルチアンプはお勧めです。
調整がカンタン。音楽好きである事が前提ですが!!

ただ、好みがはっきりしていないと、調整の泥沼に陥り、音楽を聴くというよりも調整に明け暮れたオーディオライフになってしまう(笑)

この場合、
たいがいは調整を重ねるごとに音は悪くなる。

マルチは初中級者向け!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/19

アメリカって面白い国

ヘアカット中に逮捕された?

その男の写真を公開してしまう所が愉快だ
http://rocketnews24.com/?p=11324


こちらは98歳で現役の理髪師

恐れ入りました

http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=229618

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/17

ハマコーさん

浜田幸一(ハマコー)さんのTwitterはすごい。
これだけ弁も筆も立つ人はやはり只者ではない!

一番まともな事を言っている。政治家の皆様見習いましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/14

戻ってまいりました。

昨夜から岐阜に遠征。

4時30に無事に裾野到着。4時間のドライブでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010/02/10

「24」映画化が再始動へ

ついに映画化   下記
http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=224409

シーズン7を全部見終わったところで、中途半端な終わりかただと思っていたところ、今度はシーズン8が始まるそうな。

シーズン8は下記
http://tv.eiga.com/column/20100120/

こんな写真も
女装姿

Aflo_ks_small_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »