« 宴会2日目 | トップページ | 先日の視聴会のお客様 »

2010/05/18

16bitから24bitへのコンバートソフトによる音の違い

PCオーディオにおいて、WAVファイルの再生は常識ですが、
16bitと24bitのWAVファイルの音の違いと、そのコンバートソフトのよる音の違いは
間違いなくある。

コンバートソフトは、我が家の環境では4種類
WaveLab Lite  nero fuse Lilith )  

と使っていますがそれぞれに音の違いが感じられる。

ハイファイ調のfusu

中域の厚くなるWaveLab LIte  

全般的にまろやかになるnero

オーソドックスなLilith

(個人的な感想です)

共通しているところは、24bit特有のエッジの立つ音。

(PCオーディオの再生音は丸みのある音などと言われていますが、それは16bitのWAVファイルでの再生音のように思える。 24bitWAVファイルでの再生音は立派にエッジが効くし
レンジも大きい。)

以前にも書いたけれど、ウインドウズOSの64bitのバージョンはPCオーディオにおけるアップサンプリング再生にかなり使えるしコンバート処理も楽々。
メモリーを10ギガ以上積めばそれは怖いものなしという感じ。

続く

|
|

« 宴会2日目 | トップページ | 先日の視聴会のお客様 »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/48393292

この記事へのトラックバック一覧です: 16bitから24bitへのコンバートソフトによる音の違い:

« 宴会2日目 | トップページ | 先日の視聴会のお客様 »