« PCオーディオ最近の傾向(個人的に思うこと) | トップページ | PC本体の剛性アップ »

2010/10/22

PCオーディオプレーヤーソフト

今年になってPCオーディオも以前ほど抵抗が無くなってきたように思える。
機器類もかなり良いものが出回ってきている。
プレーヤーソフトも高音質のソフトが多く出てきている。

windows 7が発売になったころから、PCオーディオも輪をかけて普及?してきたと感じられる。(気のせいかな)

リファレンスのプレーヤーソフトは
Wave File Player

最近見つけた高音質ソフトは

ReClockとKMPlayer

このReClockというのは、DirectShowで作られているプレーヤーソフトに使えるレンダラーで、
微妙にリサンプリングしてクロックの調整をするもののようです。
WASAPI排他モードで使用できる。

外部クロックを使って同期したものとどれほど違うのか聞き比べてみたい。
音質はかなりのHiFi調で、分解能や、音場など今までのPCオーディオの音と違う。

PlayPcmWin

このソフトは、再生するwavファイルをメモリーに読み込んで再生するメモリープレーヤー

WASAPI排他モードで、イベント駆動、タイマー駆動での切り替え可能なプレーヤーソフト。

音質は低域よりの太い音が再生される。

イベント駆動、タイマー駆動については、google先生に聞いてみると良いです。


もうひとつHQ playerというソフトがありますが、これは有料ソフトで(お試し期間もあり)
使い勝手はFrieve Audioに似ていると感じた。(音的にも)

最近はアップサンプリング再生に対する考え方が変わってきて、何でもかんでもアップサンプリング.........というのは止めた。
アップサンプリングを行うのもほどほどが良いようです。(2倍から4倍、聞きかじりですが2倍が良いようです)

OSは、7 64bit、
すべてのソフトはRAMディスクに置いて使っている。
そのため(それが目的なのですが)
Wave File Player 、PlayPcmWin は完全なメモリープレーヤーとなっている







もうすぐDDCが届く、それも楽しみだ。

|
|

« PCオーディオ最近の傾向(個人的に思うこと) | トップページ | PC本体の剛性アップ »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

akagiが抵抗したの?

投稿: BlogPetのたま | 2010/10/25 15:50

お世話になっています。昨日教えていただいたwave file playerをメールで申し込んだところ3時間で返信がありました。本日、試聴したところ、なかなか良いですね。ピタッと合っているというか、高音がきれいで、倍音が揃っているので低音も厚く感じます。
WindoswXpから7に移行しなければ取り残されそうで、調べたところ私のCPUはWindows7 32Bit版のようで、PCを買い換えようかな。

投稿: w | 2010/10/25 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/49814750

この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオプレーヤーソフト:

« PCオーディオ最近の傾向(個人的に思うこと) | トップページ | PC本体の剛性アップ »