« PlayPcmWinの音の傾向 プラスMPC-HC+ReClockの音の傾向 | トップページ | クズの会裾野支部 »

2010/11/13

DDC

最近使い始めた。

音質的には中々のモノ。
透明感、音像、音場、存在感、特に音像の切れ込み 存在感がアナログ並みになってきた。

サンプリング周波数 :  16bit  44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192kHz に対応している。

windows 7の場合、ほとんどのサウンドドライバーは、88.2 176.4が共有モードで使えなかったのが(排他モードはOK) この機器のドライバーは使える。

24 bit では 88.2 176.4 は共有モードでも使えないようだ (排他モードでは使える)

外部クロック入力も付いていてアップグレード? も可能。

入力は USB

出力は、デジタルアウトの
S/PDIF RCA x1, BNC x1
   TOSLINK(角形)
   STリンク(AT&T)
   I2S(RJ-45)
   AES/EBU(XLR端子。内部ジャンパーにて、コンシュマー/プロフェッショナル仕様切替可

我が家ではBNCで出力してDACにつないでいるいる。

このDDCかなり優れものです。ちょっと前では考えられないような内容の代物です。

Hi_fase_1

天板にオモリをのせると透明感がより向上する。

|
|

« PlayPcmWinの音の傾向 プラスMPC-HC+ReClockの音の傾向 | トップページ | クズの会裾野支部 »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

きょうakagiと、音像っぽい存在したいなぁ。

投稿: BlogPetのたま | 2010/11/18 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/50013686

この記事へのトラックバック一覧です: DDC:

« PlayPcmWinの音の傾向 プラスMPC-HC+ReClockの音の傾向 | トップページ | クズの会裾野支部 »