« Nice guy and Cool beauty | トップページ | Wave File Player for Experimental »

2011/01/07

CDのリッピング

アナログのレコードをPCに88.2KHz 24bitで取り込んで、再生してみると
その音の良さに驚く。

音像の存在感、小ささ、音像の切れ味、解像度、情報量の多さ、雰囲気、どれを取っても我が家でのPCオーディオでの再生音は、CDから取り込んだものより音がよい。(誰が聴いても違いはわかると思う)

その音の違いは、ちょっとした思い付きではあるが
アナログレコードをPCに取り込むには、オンタイムな時間が(1倍速)必要であるのに対して
CDのリッピングの場合、ん倍速で取り込める。

これは非常に便利で(編集の必要ないということも含めて)
あたりまえの様にリッピングしていたが、CDの取り込みも、アナログ盤と同じように、オンタイム(1倍速)で取り込んでみたらどうか。時間がかかり面倒だが
おそらくよい音で取り込めるのではないか、などど最近思っている。

CDのリッピングも88.2KHz 24bitで、オンタイム(1倍速)でアナログ盤の取り込みと同じ条件で挑戦してみよう。(使用機器録音状況など含め)その価値はあると思う。

(幸いにして同じアルバムで、CDとアナログ盤、が手持ちにある。マスターまで同じかどうかはわからないが、それでも参考にはなると思う)


この程度のことはもう既にやっているよ、という人がいるのでしたら、結果を教えて欲しいものだ。

|
|

« Nice guy and Cool beauty | トップページ | Wave File Player for Experimental »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

こちらこそよろしくお願いいたします。
少しくらいは訳の解らない、理屈で説明できないものが有っても良いかななんて思っています。

投稿: akagi | 2011/01/12 09:29

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
CDのリッピングも、エラー訂正をしながらならば何倍で取り込もうと理論上は取りこぼしがないはずですが、オンタイムでエラー訂正有りで取り込んで音が違うって言う事も、オーディオの世界ではあり得そうですね。
面白そうです。

投稿: 音爺 | 2011/01/11 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/50510086

この記事へのトラックバック一覧です: CDのリッピング:

« Nice guy and Cool beauty | トップページ | Wave File Player for Experimental »