« CDのリッピング | トップページ | SHM-CDは良い音なのか »

2011/01/10

Wave File Player for Experimental

ずっと気に入って使っている。
最近やたらマニアックな方向に進化してきた。
この先楽しみです。

我が家の再生環境は、
プロトコル_P40が好み (_P36_P28も悪くは無いです)
リサンプリングは2倍の96000KHZがベスト。
なんの事やらですが、Wave File Player for Experimentalを使っている人ならわかるはず。

ですが、
好みは
CDの場合、88200KHZの44.1KHZ系が音がよく感じる。
という事は、リサンプリングは無しで、2倍のアップサンプリングのみでの再生がベスト。

アナログレコードの録音も、88200KHZ 24bitで、録音したものがベストに感じている。
再生は、88200KHZ録音なので、アップサンプリングは無しで、ダイレクトに再生したほうが
音が良い。

アップサンプリング効果ですが、確かにワイドレンジなり、特にに高域が気持ちよく伸びる。
低域の解像度も気持ち良く情報量もアップ。
ある女性歌手の曲で、凄い声 高い声 高音で気持ち良く歌っていると思っていたのですが、
途中からギターの音を被せて、声をカバーしているところなどが見えてしまった。

リサンプリングの場合、我が家の環境では、ワイドレンジの方向に確かに伸びているが、
音楽のほぐれグワイなどや、解像度、曲のニュアンスなどにおいて今一歩入れない。

リサンプリングしないで、2倍のアップサンプリング(44.1KHz系)88.2KHzの方がが気持ちよく聴ける。(好みの問題かな)

ちなみに176400  192000の4倍アップサンプリング、リサンプリングは、悪くは無いですが、曲によっては、高域過多に感じ、バランス的に言って2倍の88200がベストに思える。
(好みは変わるので先の事はわかりませんが)

|
|

« CDのリッピング | トップページ | SHM-CDは良い音なのか »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

それは失礼いたしました。
現状ではカーネルストリーミングのみとなっております。

投稿: YUKI-SAN | 2011/02/07 17:48

プログラミングの方は詳しくなくてすみません。
俗に言う、ASIOとかWASAPIとか、MCIとかの事です。

投稿: akagi | 2011/02/07 09:06

早速にありがとうございます。
とてもうれしいです。

>インターフェースは何だろう?

ごめんなさい,どういう意味でしょうか?
ウィンドウのデザインという事でしょうか?
特に何というわけではないのですが,単品オーディオをイメージしてみました。

投稿: YUKI-SAN | 2011/02/06 19:14

早速ダウンロードしてみました。
良さそうなソフトです。


インターフェースは何だろう?

投稿: akagi | 2011/02/06 17:53

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
突然のご無礼をお許しください。

この度,Wave Pcm Upconvert Playerというフリーソフトを公開いたしました。

特徴としましては,
・ビット拡張+滑らかになるように補間処理
・アップサンプリング+高域補間
・カーネルストリーミング再生
・ファイル出力機能機能付き

お試しいただけますと幸いです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/yuki_san/

投稿: YIKI-SAN | 2011/02/06 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/50547872

この記事へのトラックバック一覧です: Wave File Player for Experimental:

« CDのリッピング | トップページ | SHM-CDは良い音なのか »