« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の4件の記事

2011/02/27

サウンドの好みの違い 性格がわかる?

樹里からんVS坂本冬美

曲はアルバムの中の1曲、

ワインレッドの心。

一方はジャジーなサウンドで一方は和風なサウンド。
どちらもすばらしいアルバムで、最近評判のアルバムです。

自分的に聴いてストレス無く素直に聴けるのは、坂本冬美の方。

気分の違う時は、樹里からんのサウンド。

41ya4ubbbcl

Fuyumi

はるか昔から洋楽ばかり聴いてきたのに、そのころは歌謡曲なんぞと馬鹿にしていたのに
演歌調の曲も素直に聴ける。
年をとったためか。

以前から感じていたのだが、坂本冬美の曲は新しいニューウエーブ演歌。
昔からロック系アーチストや先端ミュージックのアーチスト達とコラボしていた。

樹里からんのサウンドも、クールでポップなジャズ。
中々良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011/02/09

Wave Pcm Upconvert Player

当ブログにコメントいただいた、YUKI-SANという方がプレーヤーソフトを公開しました。
PCによってはハードルが高い事があるかもしれませんが、音は良いです。
感想は、
細かい音まで、ハッキリと再生でき、アップサンプリング再生でも、高域の再生音にその効果が見られる。
(アップサンプリング再生ソフトも増えて来ましたが、大半のソフトは、効果が感じられないものや、高域に変な癖が出るものもあったりして、使えるソフトは数少ない。
変に高域の音数が増えたりして、耳触りの悪い再生音になることが多い。)

低域の解像度も中々の物。

低域の量感は我が家のシステムではOKだったが、SPシステムによってはやや低域が少なめに感じられるかもしれない。

再生される空気感 雰囲気なども抜群とは言わないまでも、まあ楽しめる。

使っているPCはwindows 7 64bitで、オーディオ専用に使っているのだが、仕事用に使っているvista 64bit のPCでは再生できないのは何故だろう。設定をあれこれ試しても駄目だった。

我が家のSETTING↓

Wpu01

Wpu02

詳しくはこちらを

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2011/02/07

お買い得 MCヘッドアンプ

こんなのが手に入りました。

Torio1


Torio2

1978年に発売で、1984年に発売終了。
箱に入れて保管してあったものらしく 
超美品。

昨日から通電しておいて今日視聴してみた。

音は、中々のもの  !分厚く、切れ味良く、解像度も良く、文句なし。

アースの引き回しに少々工夫が要りますが(アースの引き回し方によってはSNが悪くなる)

音は力があって力感がたっぷり。(ここは魅力的です)

トリオ 最初で最後のMCヘッドアンプ。


■MC型カートリッジ用ヘッドアンプ
■入力インピーダンス 100Ω
■入力感度 0.1mV
■出力インピーダンス 100Ω
■利得 28dB

■周波数帯域 5-5,000,000Hz +0dB -3dB

■全高調波歪率 0.005%(20-20,000Hz)
■入力換算雑音 -155dB(IHF-A)) 
■SN比 75dB(定格入力時)

■消費電力 10W
■電源 AC100V 50/60Hz
■重量 
■寸法 W12.0×H5.5×D19.0cm
MMにバイパス可能
バイパスは電源スイッチと連動

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011/02/06

NAS

フリーのNASソフトをインストールしたら保存してあったWAVファイルが全部消えてしまった。

CDは再リッピングすれば良いし、アナログレコードを録音したものは、DVDに、データ保存しておいたので良かった。

で思ったのだが、CDの場合もPCオーディオの場合、CD規格の保存ではなくて
データ保存しておいたほうが便利に使える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »