« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の3件の記事

2011/06/25

ハイレゾ音源  個人的な感想

ダウンロードした192KHz 24bit。
アップサンプリングした192KHz 24bitの音源。
プレーヤー側で192KHzにアップサンプリングして再生。
どれも解像度は良いが音が薄口に感じる。
自分だけなのかな?

比較の対象は、96KHz 24bit  のハイレゾ音源。

エネルギーや音の厚み、力感は96KHz音源の方が良く聴こえる。

 

アナログレコードを192KHzや96KHz 24bitで、PCに取り込んでいるのだがこれも同じ感想。
96KHz 24bitで取り込んだ音源の方が生々しく聴こえる。

アナログはアナログで聴いた方が良いとの意見もあるが、良く調整されたアナログ機器でPCにハイレゾで取り込んで
良く調整されたPCとPCオーディオ用の機器、それに
良いプレーヤーソフトなどで再生すると確かにメリットを感じる。

驚くのは、CDをリッピングした音源よりも音が良い。

アナログのハイレゾ化音源の方が音像が締り、音場が広く、実体感がある。(こういう表現はオーディオマニアみたいでいやなのだが)

USB給電器

かなり良いです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2011/06/07

USB DDC用のクリーン給電器

MJ誌の記事に掲載されていたものから少々変更。

単純に電源だけを取り出す。DC8.8Vで安定して出力している。

完成後1時間くらいはチャライ音でしたが、徐々に音質がアップしてきた。

前のバージョンの給電器よりも音の深みが増し、より静かになった。

 

これはお奨め。

usb-dengen02usb-dengen01

 

もう戻れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011/06/04

USB DDC用のクリーン給電器

注文したパーツがいまだ届かないので、別のパーツで作ってみた。
簡単なパーツと回路でも音質はアップしている。
音の像がクリアーになり情報量アップ、 一皮むけたような感じ。

言い方は古臭いが、デジタルのビット落ちが無くなった様な感じで、細かい音が良く聴こえる。

HiFace EVOはDC7VからDC11Vまでの電圧で動くとの事。

3端子レギュレーター 7809を使い、DC9Vを取り出した。
(HiFace EVO付属のスイチングACアダプターも9V)

3端子レギュレーターとの絡みもあり、スイチングACアダプターは、DC12Vを取り出せるものに変更。

完成したUSB DDC用のクリーン給電器の出力のところでテスターで測定したところ 9Vでピタリと安定している。

今回作ったものは、スイチングACアダプターと、通常のトランスからAC12V入力も出来るようになっている。

これは良いと思う。

MJ誌のUSB DDC用のクリーン給電器のパーツが届くのが楽しみになってきた。

Dengen

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »