« 10月22日裾野 深良 三條さんにて | トップページ | WASAPI »

2011/08/25

エリック クラプトン 近々来日?

ロバート ジョンソンのコンプリートアルバム (アナログ盤)

もちろん全曲ロバート・ジョンソンの曲。
クラプトンのルーツとなった伝説の曲の数々が録音されている。

分厚い低域に支えられたサウンド
(曲によっては少々ダブツキ気味の所もあるが)
もちろん全編ブルースアルバム。
録音もまあまあよい。
ギターの音は少し歪んだ音作りになっている。その効果か、当時のブルースサウンドの面影が良く強調されている。

特定のアーティストへのトリビュート・アルバムを制作したのはこれが初めてとの事、クラプトンにとっていかにロバート・ジョンソンが特別な存在であるかという事が解る。

 

curaputon


インターネットより↓

《ロバート・ジョンソン》
エリック・クラプトンやキース・リチャ-ズを始めとする多くのミュージシャンに大きな影響を与えた伝説的なブルース・マン。1911年、ミシシッピー州で生まれ、チャーリー・パットンやサンハウスといったブルースの先駆者達の演奏を瞬時にマスターし、1930年代に活躍した。四辻(クロスロード)で悪魔に魂を売り渡し、最高の演奏技術を手に入れたというエピソードはあまりにも有名。
27歳の時、他人の女房を寝取ったことが原因で毒殺された。その短い人生の中で録音されたのは29曲/41テイク、代表曲はクラプトンがクリーム在籍時にカヴァーした「クロスロード・ブルース」などがある。その存在自体がブルースそのものだった生き様を象徴する数々の逸話は、神秘さを深め、今も多くのミュージシャン達に影響を与え続けている。
間違いなく、ブルース史における最重要人物と言っても過言ではないだろう。

|
|

« 10月22日裾野 深良 三條さんにて | トップページ | WASAPI »

オーディオ、音楽 いろいろ」カテゴリの記事

コメント

その頃です。

投稿: akagi | 2011/08/29 17:41

テンイヤーズアフターってsweat01
ジミ.ヘンドリックスと同じ頃、活動してたバンドですよね。
脳が活性化されそう

投稿: ナコ花ママ | 2011/08/28 22:36

アルビンりーは
テンイヤーズアフターというバンドのギタリストです。
アナログ盤がありますがなかなか良いサウンドです。

投稿: akagi | 2011/08/27 19:04

そう言えばsign01
アルビンリーって人いましたね。
当時のギターキッズは夢中になったんだろうなdelicious
J.ペイジは
やっぱり黒魔術
エコエコアザラクの人なのね

投稿: ナコ花ママ | 2011/08/27 11:21

クラプトンは、セッションの相手次第で天才にも、平凡にもなる。一時はギターの速弾きNO1と言われていたが、
速弾きの天才は、アルビンリー。

Jペイジはある意味天才(よくわかんない)

Jベックは根暗のギターオタク

M.リーボゥは
変態ギタリストと
言われているようですね。

投稿: akagi | 2011/08/27 09:41

クラプトンはblues

J.ペイジは天才

J.ベックはテクニック
とよく言われるけど
どう思いますか?
ワタシはギターが弾けないから
よく解りません…

ちなみに
M.リーボゥは
変態ギタリストと
言う人もいるけど

投稿: ナコ花ママ | 2011/08/26 21:40

映画にも出てきていましたからね。
それに
Rジョンソンはある意味ブルーズのステイタス的なところもあるからね。

それにクラプトンは、reggaeのボブ・マーリーの名曲、アイ ショット ザ シェリフをヒットさせ、ボブ・マーリーとreggaeを広めた功績は大きい。

投稿: akagi | 2011/08/26 17:57

その昔、解ったような顔をしてR.ジョンソン聴いてたな…。
実は何も解ってなかったような気がする      (@_@)

秋になったら
又、聴いてみよう

クラプトンも人生考えさせられるような人ですねぇ…

投稿: ナコ花ママ | 2011/08/26 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/52565402

この記事へのトラックバック一覧です: エリック クラプトン 近々来日?:

« 10月22日裾野 深良 三條さんにて | トップページ | WASAPI »