« 外部クロックとしてEvo Clock 使用中 | トップページ | 本年もよろしくお願い申し上げます »

2011/12/17

Evo Clockその2

とにかくデジタルケーブルにものすごく敏感。

34Ω位のBNC同軸ケーブルで使っていたところ、レンジが狭く、コンパクトで固めの音。
それほど驚くほどの効果は感じられなかった。

 

メーカー指定の75オームBNCケーブルに変更後、
それまでの不満が一気に解消。

電源はスイッチングアダプターからの給電が標準ですが、
自作の3端子レギュレーターによる、クリーン電源を使用。
これにより再生音のランクがアップ。CLOCK-3_

 

EVO Clock本体の調整は
CDをリッピングしたソースの場合、22.5792MHzのマスタークロック。

アナログレコードを96KHz24bit録音したソースは、24.576MHzの
マスタークロック。

演奏者でなければ聴けないだろうと思われる音まで、ハッキリと再生される。

 

超高解像度再生と言うと、固めのパリッとした音で、潤い少なめモニター調の再生音のイメージと思われるが、決してそのような事は無く、音楽の雰囲気、ニュアンス、息遣いなどバッチリOKですた。

音像の切れ味、存在感は1級品と感じた。

オーディオ機器や、それらの調整にものすごくシビアで、
使い方次第では、良くもなるし悪くもなる。
うまく使いこなせれば、ん百万もするClock機器など要らないね
これで十分。

|
|

« 外部クロックとしてEvo Clock 使用中 | トップページ | 本年もよろしくお願い申し上げます »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/53505388

この記事へのトラックバック一覧です: Evo Clockその2:

« 外部クロックとしてEvo Clock 使用中 | トップページ | 本年もよろしくお願い申し上げます »