« ナログ音源の録音 SoundSaver | トップページ | 音が変わった »

2012/04/13

MCカートリッジ修理

Shelter

501Ⅱ 出力ピンが壊れたため、修理の依頼。

メーカーよりの返答は、スタイラスは大丈夫、出力ピンの交換は出来ますが、カンチレバーが弱っているため、修理しても本来の音は保証できないとの連絡があった。

MCカートリッジの修理の場合カートリッジの新品交換というのが常識だが、ShelTerの場合は、新品交換という方法と
中身の振動系+磁気回路が一体となったユニットアッセンブリーを
新品に交換するという方法があるとの事。これにてもちろん中身は新品(ボディは流用)こっちの方が料金が安い。)

良心的なメーカーで見なおした。
願いしたのはもちろんアッセンブリー交換でした。

新品のスタイラスを拡大してみたら、スタイラスの形状が以前の
501Ⅱのものと変わっているように見えた。その形状はナイフの刃先のようになっていた。音もその方が良いのでしょう。(笑)

スタイラスよりカンチレバーのほうが先に劣化するとは言われていたが、なるほどと実感でした。

針先の劣化を気にしてカートリッジの使用を抑えている方も多いと思いますが、気にせず使用しましょう。

501

 

こちらはortofonMC☆30
使用して3年位。

mc30

|
|

« ナログ音源の録音 SoundSaver | トップページ | 音が変わった »

スーパーレアの調教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93534/54462312

この記事へのトラックバック一覧です: MCカートリッジ修理:

« ナログ音源の録音 SoundSaver | トップページ | 音が変わった »