« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の3件の記事

2012/09/28

RAMディスク

PCオーディオ、個人的な見解。

プレーヤーソフト(Wave File Player for Experimental)をRAMディスクにインストール。

(このソフトは曲をメモリーに呼び込んでおいて再生するメモリープレーヤー)

windows XPの時はRAMディスクを使うと良い音だったのだが、

windows 7 8 ではイマイチ良くない
気のせいではないと思う。

音のエッジが効かず、音に丸みが出すぎる。
解像度も落ちるし立体感も ☓ 。

聴きやすいといえばその通リなのだが
良い音で(個人の好み)で聴くには ☓ 。

windows 7 8 では
通常通リHDに置きRAMディスクは使わないほうが良い様だ。


しかしこのソフトWave File Player for Experimentalは良いです。

だんだんマニアックになって来ている(笑)

ネットワークオーディオがブームになっているが、個人的にはネットワークオーディオは ☓ 。

あちこち引っ張り回して再生するなんて良いわけない と思う。

シンプルにHDに曲を置いておいて、

PCもそれなりの調整をして良いソフトを使い、
正しくPCオーディオの方法を行えば、その方が良いに決まっている。
ノイズの問題が問題にされるが、我家の場合、ノイズなんて全く出ないし、透明感ときたら変なCDプレーヤーを使うよりも全然良い。

最近は透明感が良すぎて困る?(笑)時もあり
曲によっては
もう少し荒っぽい音にも挑戦しても良いかなと思っている。


我が家ではPCオーディオの方が
CDプレーヤーよりも、ネットワークオーディオよりも
音が良い。

wfp02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CREAM WHEELS OF FIRE

レコード整理をしていたらこのレコードが出てきた。

じっくり聴いたことが無かったのでクリーニングをして視聴。

2枚組のアルバムで
1枚目は In The Studioというスタジオ録音。

2枚目は、伝説の Live At The FillmoreのLive レコード。

クラプトンのギターは凄いという事はロンモチですが

Live At The FillmoreのB面1曲め  Train Time
(クラプトンのギターの凄みが判る)

その後ブルース・ハープの演奏とつながっていく。
このブルースハープがまた凄い!!よくもまあ酸欠状態にならないものだ。
ブルース・ハープ2台使って演奏しているように聴こえるが
もちろん1台による演奏。
このブルースハープ誰が演奏しているのろう。

Live At The FillmoreのB面2曲目  Toad  16分強の演奏。

ドラムのジンジャーベーカーがこれまた凄い!!

和太鼓で多人数で演奏しているかのようなサウンドを
一人で演奏している。
16分ほとんどドラムソロね。
手 足が3つも4つも有るかのように聴こえる。

ビートルズの後にCreamが出てきて、この当時は
ビートルズはリバプール・サウンド
Creamはアートロックというジャンルになっていた。

この後、レッド・ツエッペリンも一つの時代を築いたが、

Creamの出てきた時の衝撃とインパクトとサウンドなどなどは

ピカ一でしょう。

この時は、ハードロックというジャンルはまだ生まれていない時代でした。

cream

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012/09/04

ジュークボックス

jb01

 

jb03

jb04

jb

東京の友人の自宅に設置してあるジュークボックス。

懐かしい音が出てきます。

今やメンテナンスが出来る技術者がメーカーにもいないそうな。

オーディオマニアの人などで探せばメンテナンス出来る人がいるかも。

それにしてもよくぞ残してありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »